『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=159809)

EID=159809EID:159809, Map:0, LastModified:2012年10月18日(木) 17:03:25, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[板東 孝枝], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座 [継承]
著者 (必須): 1.田村 綾子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.南川 貴子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.療養回復ケア看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.髙田 信二郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.市原 多香子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.桑村 由美 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.女性の健康支援看護学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.板東 孝枝 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.臨床腫瘍医療学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.近藤 裕子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.安井 夏生
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.永廣 信治
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effects of intervention with back-lying exercises with bent knees pointing upwards to prevent disuse muscle atrophy in patients with post-stroke hemiplegia  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1. (英) effects of intervention (日) (読) [継承]
2. (英) acute post-stroke period (日) (読) [継承]
3. (英) lower extremity muscle (日) (読) [継承]
4. (英) prevent disuse muscle atrophy (日) (読) [継承]
5. (英) hip raise exercises (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): 徳島大学.医学部 [継承]
誌名 (必須): JNI : The Journal of Nursing Investigation ([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1348-3722)

ISSN (任意): 1348-3722
ISSN: 1348-3722 (pISSN: 1348-3722)
Title: JNI : the journal of nursing investigation
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 5 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 53 58 [継承]
都市 (任意): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2007年 2月 初日 (平成 19年 2月 初日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/40015481320/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 40015481320 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Ayako Tamura, Takako Minagawa, Shinjiro Takata, Takako Ichihara, Yumi Kuwamura, Takae Bando, Hiroko Kondo, Natsuo Yasui and Shinji Nagahiro : Effects of intervention with back-lying exercises with bent knees pointing upwards to prevent disuse muscle atrophy in patients with post-stroke hemiplegia, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.2, 53-58, 2007.
欧文冊子 ● Ayako Tamura, Takako Minagawa, Shinjiro Takata, Takako Ichihara, Yumi Kuwamura, Takae Bando, Hiroko Kondo, Natsuo Yasui and Shinji Nagahiro : Effects of intervention with back-lying exercises with bent knees pointing upwards to prevent disuse muscle atrophy in patients with post-stroke hemiplegia, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.2, 53-58, 2007.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.60, Max(EID) = 376360, Max(EOID) = 1008069.