『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=15782)

EID=15782EID:15782, Map:0, LastModified:2006年11月22日(水) 14:36:02, Operator:[山中 英生], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[山中 英生], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.エコシステムデザイン部門.社会マネジメント工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
2.神戸大学 [継承]
研究者 (必須): 1.山中 英生 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座]) [継承]
2.山口 行一 [継承]
3.小谷 通泰 ([神戸大学]) [継承]
種別 (必須): 1.国内 [継承]
出資団体 (必須): 政府.文部省.日本学術振興会 (->組織[独立行政法人日本学術振興会]) [継承]
予算名 (必須): 科学研究費補助金 [継承]
予算名2 (推奨): 基盤研究(C) [継承]
番号 (推奨):
課題 (必須): (英)   (日) 利害調整機能からみた都心交通管理政策としてのパッケージアプローチの有効性分析   [継承]
要約 (任意):
金額 (推奨): 1.1500.0千円 [継承]
2.1000.0千円 [継承]
3.900.0千円 [継承]
期間 (必須): 西暦 1997年 4月 1日 (平成 9年 4月 1日) 〜西暦 2000年 3月 31日 (平成 12年 3月 31日) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 山中 英生, 山口 行一, 小谷 通泰 : 文部省 日本学術振興会, 科学研究費補助金基盤研究(C), 利害調整機能からみた都心交通管理政策としてのパッケージアプローチの有効性分析, 1997年4月〜2000年3月.
欧文冊子 ● Hideo Yamanaka, Yukikazu Yamaguchi and (名) (姓) : Japan Society for the Promotion of Science, Ministry of Education, Grants-in-Aid for Scientific ResearchScientific Research (C), 利害調整機能からみた都心交通管理政策としてのパッケージアプローチの有効性分析, April 1997-March 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.29, Max(EID) = 374934, Max(EOID) = 1004766.