『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=157130)

EID=157130EID:157130, Map:0, LastModified:2014年11月28日(金) 20:37:10, Operator:[寺田 賢治], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[寺田 賢治], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.情報システム工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.寺田 賢治 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 方式の考案,アルゴリズムの構築,実験,論文執筆   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Atsuta Koji (日) 熱田 宏司 (読) あつた こうじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Automatic Generation of Passer-by Record Images using Internet Camera  (日) インターネットカメラを用いた通行人記録画像の自動生成   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Recently, many brutal crimes have shocked us. On the other hand, we have seen a decline in the number of solved crimes. Therefore, the importance of security and self-defense has increased more and more. As an example of self-defense, many surveillance cameras are set up in the buildings, homes and offices. But even if we want to detect a suspicious person, we cannot check the surveillance videos immediately so that huge number of image sequences is stored in each video system. In this paper, we propose an automatic method of generating passer-by record images by using internet camera. In first step, the process of recognizing passer-by is carried out using an image sequence obtained from the internet camera. Our method classifies the subject region into each person by using the space-time image. In addition, we obtain the information of the time, direction and number of passey-by persons from this space-time image. Next, the present method detects five characteristics: the gravity of center, the position of persons head, the brightness, the size, and the shape of person. Finaly, an image of each person is selected among the image sequence by integrating five characteristics, and is added into the passer-by record image. Some experimental results using a simple experimental system are also reported, which indicate effectiveness of the proposed method. In most scenes, the every persons was able to be detected by the proposed method and the passer-by record image was generated.  (日) 本論文では,インターネットカメラにより配信される映像を用いて,机の引出しや棚の中の貴重品,下駄箱の中に隠されている鍵などを窃盗する犯罪を想定して,物を探す動作をしている人物を不審者として検出する手法を提案した.まず本手法では人の動きに着目するため,フレーム間差分を用いて人間領域を抽出する.さらに連続して得られる人間領域画像から,追跡を行ない,移動している,立ち止まっている,座っているという姿勢状態を推定する.さらに物を探す動作を表現する動きの特徴量,移動度,立ち止まり度,首振り度を抽出する.これらの姿勢と動きの特徴の組合せから,不審であるかどうかを判定する.本論文ではさらに本手法の有効性を確認するために行なった実験の一例を示した.   [継承]
キーワード (推奨): 1.画像処理 (image processing) [継承]
2.コンピュータビジョン (computer vision) [継承]
3.パターン認識 (pattern recognition) [継承]
4.ヒューマンセンシング (human sensing) [継承]
5. (英) dynamic image processing (日) 動画像処理 (読) [継承]
発行所 (推奨): 電気学会 [継承]
誌名 (必須): 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌) ([電気学会])
(pISSN: 0385-4221, eISSN: 1348-8155)

ISSN (任意): 0385-4221
ISSN: 0385-4221 (pISSN: 0385-4221, eISSN: 1348-8155)
Title: 電気学会論文誌. C
Supplier: 一般社団法人 電気学会
Publisher: The Institute of Electrical Engineers of Japan
 (J-STAGE  (J-STAGE  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 127-C [継承]
(必須): 4 [継承]
(必須): 553 560 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2007年 4月 1日 (平成 19年 4月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/130000090511/ [継承]
DOI (任意): 10.1541/ieejeiss.127.553    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 130000090511 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意): 2-s2.0-34047274255 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 寺田 賢治, 熱田 宏司 : インターネットカメラを用いた通行人記録画像の自動生成, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.127-C, No.4, 553-560, 2007年.
欧文冊子 ● Kenji Terada and Koji Atsuta : Automatic Generation of Passer-by Record Images using Internet Camera, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.127-C, No.4, 553-560, 2007.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.40, Max(EID) = 371884, Max(EOID) = 994238.