『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=156353)

EID=156353EID:156353, Map:0, LastModified:2010年6月2日(水) 10:55:44, Operator:[山田 美緒], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田端 厚之], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門.生命システム工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
研究者 (必須): 1.田端 厚之 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座]) [継承]
種別 (必須): 1.国内 [継承]
出資団体 (必須): 政府.文部省.日本学術振興会 (->組織[独立行政法人日本学術振興会]) [継承]
予算名 (必須): 科学研究費補助金 [継承]
予算名2 (推奨): 若手研究(スタートアップ) [継承]
番号 (推奨): 18890127 [継承]
課題 (必須): (英)   (日) 連鎖球菌が持つCD59指向性コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用機構   [継承]
要約 (任意):
金額 (推奨): 1.1400.0千円 [継承]
2.1400.0千円 [継承]
期間 (必須): 西暦 2006年 4月 初日 (平成 18年 4月 初日) 〜西暦 2008年 3月 末日 (平成 20年 3月 末日) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 田端 厚之 : 文部省 日本学術振興会, 科学研究費補助金若手研究(スタートアップ), 連鎖球菌が持つCD59指向性コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用機構, 2006年4月〜2008年3月.
欧文冊子 ● Atsushi Tabata : Japan Society for the Promotion of Science, Ministry of Education, Grants-in-Aid for Scientific ResearchGrant-in-Aid for Young Scientists (start up), 連鎖球菌が持つCD59指向性コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用機構, April 2006-March 2008.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.60, Max(EID) = 382693, Max(EOID) = 1022068.