『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=155906)

EID=155906EID:155906, Map:0, LastModified:2018年1月17日(水) 16:48:07, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
組織 (推奨): 1.京都大学 [継承]
研究者 (必須): 1.中川 敬三 [継承]
種別 (必須): 1.国内 [継承]
出資団体 (必須): 京都大学 [継承]
予算名 (必須): (英) (日) 平成16年度京都大学教育研究振興財団第1号事業 (読) [継承]
予算名2 (推奨): (英) (日) 国際研究集会派遣助成 (読) [継承]
番号 (推奨):
課題 (必須): (英) Effects of Mole Ratio of ACA/TIPT on Morphology of TiO2 Nanostructured Materials by Surfactant-Assisted Mechanism  (日) 界面活性剤補助機構によるTiO2ナノ構造材料の形態に関するACA/TIPT モル比の影響   [継承]
要約 (任意):
金額 (推奨): 1.150.0千円 [継承]
期間 (必須): 西暦 2004年 10月 3日 (平成 16年 10月 3日) 〜西暦 2004年 10月 8日 (平成 16年 10月 8日) [継承]
備考 (任意): 1.(英) 2004 Joint International Meeting, 206th Meeting of The Electrochemical Society (ECS),2004 Fall Meeting of The Electrochemical Society of Japan (ECSJ)  (日) 2004電気化学日米合同学会(206th 電気化学会,2004日本電気化学会秋季大会)   [継承]
2.(英) oral presentation  (日) 口頭発表   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 中川 敬三 : 京都大学, 平成16年度京都大学教育研究振興財団第1号事業・国際研究集会派遣助成, 界面活性剤補助機構によるTiO2ナノ構造材料の形態に関するACA/TIPT モル比の影響, 2004年10月.
欧文冊子 ● Keizo Nakagawa : Kyoto University, 平成16年度京都大学教育研究振興財団第1号事業国際研究集会派遣助成, Effects of Mole Ratio of ACA/TIPT on Morphology of TiO2 Nanostructured Materials by Surfactant-Assisted Mechanism, Oct. 2004.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.68, Max(EID) = 360730, Max(EOID) = 966223.