『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=154686)

EID=154686EID:154686, Map:0, LastModified:2013年2月4日(月) 10:52:15, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
学科・専攻 (必須): 1.徳島大学.工学研究科.機械工学専攻 (〜2011年3月31日) [継承]
学位 (必須): 修士
学位名称 (必須): 修士(工学)/[修士]
学位正式名称 (必須): (英) Master of Engineering (日) 修士工学 (読) しゅうしこうがく [継承]
[継承]
[継承]
言語 (推奨):
氏名 (必須):
題名 (必須): (英) Basic research on grinding of titanium prosthesis  (日) チタン補綴物の研削に関する基礎的研究   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Titanium and its allos have excellent corrosion resistance and biocompatibility. Casting systems of Ti are developed and practically applied. However, difficulties of cutting, grinding and polishing of Ti and Ti alloys prevent their use in dental prosthesis such as crowns and bridges. In this research, grinding ability of Ti was examined under different grinding speeds and grinding force.Effect of surface oxidation of Ti on grinding ratio was also measured.  (日) チタンおよびチタン合金は,優れた耐食性および生体適合性を示す.チタンの鋳造は進歩し,実用に供されているが,切削,研削および研磨が困難なため,歯冠やブリッジのような歯科補綴への利用を妨げている.本研究においては,チタンの研削性が異なった研削速度と研削力で検討され,併せて,研削比におよぼす表面酸化の影響についても計測された.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Titanium (日) 純チタン (読) [継承]
2. (英) oxide film (日) 酸化皮膜 (読) [継承]
3. (英) grindin ratio (日) 研削比 (読) [継承]
4. (英) grinding speed (日) 研削速度 (読) [継承]
5. (英) grinding force (日) 研削力 (読) [継承]
6. (英) surface roughness (日) 表面粗さ (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2007年 3月 23日 (平成 19年 3月 23日) [継承]
指導教員 (必須): 1.吉田 憲一 [継承]
指導協力教員 (任意):
審査教員 (必須): 1.吉田 憲一 [継承]
2.岡田 達也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.材料科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.材料科学講座]) [継承]
3.西野 秀郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.材料科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.材料科学講座]) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● [修士] : (氏名) : チタン補綴物の研削に関する基礎的研究, 2007年3月, 吉田 憲一 [吉田 憲一, 岡田 達也, 西野 秀郎].
欧文冊子 ● [修士] : (氏名) : Basic research on grinding of titanium prosthesis, 2007年3月, 吉田 憲一 [吉田 憲一, 岡田 達也, 西野 秀郎].

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.75, Max(EID) = 374948, Max(EOID) = 1004785.