『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=15407)

EID=15407EID:15407, Map:0, LastModified:2006年5月10日(水) 14:07:38, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Fukui Tomoya (日) 福井 智也 (読) ふくい ともや
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.妹尾 真紀子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.佐藤 恒之
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Radical polymerization and copolymerization of 12-[(N-methacryloyl)carbamoyloxy]octadecanoic acid  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 12-[(N-メタクロイル)カルバモイルオキシ]オクタン酸のラジカル重合挙動について,ESRを用いて速度論的に検討を行った.この重合系における成長ラジカルは,13本スペクトルとして実際の重合条件下で観測可能であることを見い出した.観測したスペクトルを用いて,成長速度定数を算出したところ,一般的なメタクリレートモノマーと比べると小さな値となった.また,成長および停止速度定数の温度依存性より,各反応の活性化エネルギーを決定した.この重合系に及ぼす溶媒効果およびスチレンとの共重合挙動についても明らかにした.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) The 2nd International Conference on Advanced Materials Development and Performance (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 2 [継承]
(必須):
(必須): 841 845 [継承]
都市 (必須): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1999年 11月 23日 (平成 11年 11月 23日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Tomoya Fukui, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Radical polymerization and copolymerization of 12-[(N-methacryloyl)carbamoyloxy]octadecanoic acid, The 2nd International Conference on Advanced Materials Development and Performance, Vol.2, (号), 841-845, Tokushima, Nov. 1999.
欧文冊子 ● Tomoya Fukui, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Radical polymerization and copolymerization of 12-[(N-methacryloyl)carbamoyloxy]octadecanoic acid, The 2nd International Conference on Advanced Materials Development and Performance, Vol.2, (号), 841-845, Tokushima, Nov. 1999.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.63, Max(EID) = 363222, Max(EOID) = 972431.