『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=153913)

EID=153913EID:153913, Map:0, LastModified:2018年6月25日(月) 15:58:31, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.エネルギー変換工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.石原 国彦
役割 (任意): (英)   (日) 計画,実験,論文作成   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Study on attenuation effect of side branch with finite impedance end  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 配管などの圧力脈動を低減する手段として枝管が多く用いられているが,油圧ポンプなど油を作動流体とする機会では音速が大きくなり,枝管長さが波長の1/4必要であることから長くなる.このことはスペース的に問題が生じる場合が多い.そこで短い枝管で低周波の音を消すために枝管端部を従来剛であったものを有限なインピーダンスをもつものに置き換え,その効果を解析と実験で確認した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) The proceedings of Inter noise2007 Conference (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): ホノルル (Honolulu/[アメリカ合衆国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2006年 12月 6日 (平成 18年 12月 6日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kunihiko Ishihara : Study on attenuation effect of side branch with finite impedance end, The proceedings of Inter noise2007 Conference, Honolulu, Dec. 2006.
欧文冊子 ● Kunihiko Ishihara : Study on attenuation effect of side branch with finite impedance end, The proceedings of Inter noise2007 Conference, Honolulu, Dec. 2006.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 3.60, Max(EID) = 372562, Max(EOID) = 996461.