『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=15349)

EID=15349EID:15349, Map:[2001/離散数学とグラフ理論1], LastModified:2007年12月28日(金) 16:20:37, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2001年 (平成 13年) [継承]
名称 (必須): (英) Discrete Mathematics and Graph Theory 1 (日) 離散数学とグラフ理論1 (読) りさんすうがくとぐらふりろん
[継承]
コース (必須): 1.2001/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.矢野 米雄
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 計算機科学の基礎である離散数学とグラフ理論を工学的立場から講義し,演習·レポートを通して理論と情報処理手法を修得させる. 計算機の基礎として離散数学とグラフの用語,概念,手法の習得を目標とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 離散数学は,微分·積分の数学と違い,離散系を扱う数学であり,素朴集合論より導入する. 前提とする数学知識は,中学·高校で修得したもので充分である. しかし,従来と違った手法·方法論を学ぶためには,演習及び例題の解法が重要である.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 集合1(集合と要素,普遍集合,空集合,部分集合)  
[継承]
2.(英)   (日) 集合2(ベン図,集合演算)  
[継承]
3.(英)   (日) 集合3(集合の類,べき集合,直積集合集合のまとめ)  
[継承]
4.(英)   (日) 関係,関係の幾何学的表現  
[継承]
5.(英)   (日) 逆関係,関係の合成,関係の性質  
[継承]
6.(英)   (日) 分割,同値関係,同値関係と分割  
[継承]
7.(英)   (日) 半順序関係,n項関係,関係のまとめ  
[継承]
8.(英)   (日) 1.∼7.の演習問題と解法の説明  
[継承]
9.(英)   (日) 関数,関数のグラフ  
[継承]
10.(英)   (日) 1対1の関係,上への関数  
[継承]
11.(英)   (日) 逆関数,添数付きの集合族  
[継承]
12.(英)   (日) 基数と解法の説明,関数のまとめ  
[継承]
13.(英)   (日) 9.∼12.の演習問題  
[継承]
14.(英)   (日) 演習問題の解法の説明,講義全体のまとめ  
[継承]
15.(英)   (日) 予備  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) レポートの提出状況と内容,講義中の質問の回答も評点の対象となる. 試験では以下の「持ち込み用紙」一枚を認める. 1)自筆で,コピーは不可 2)B5サイズ,表裏記入可 3)表裏に学年·出席番号·氏名を明記すること. 「持ち込み用紙」は講義及び教科書の内容を自分でまとめたものである. 作成に際しては何色を使ってもよい.   [継承]
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) リブシュッツ 著·成嶋 弘 監訳「離散数学-コンピュータサイエンスの基礎数学-」オーム社   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) C.L.リコー 著·成嶋 弘 他訳「-コンピュータサイエンスのための-離散数学入門」マグロウヒル社   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 毎週レポート提出の課題が出るので,その週の内に復習をしておくこと. 「データ構造とアルゴリズム」,「プログラミングシステム」の基礎となる内容であり,単位を落とし未消化に終わると後で苦労するので注意を要する.   [継承]
2.(英)   (日) 平常点と試験の点=30:70   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2001/離散数学とグラフ理論1)
            →閲覧 【授業概要】(2000/離散数学とグラフ理論1)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2001/離散数学とグラフ理論1) 閲覧 【授業概要】(2001/離散数学とグラフ理論1)   閲覧 【授業概要】(2002/離散数学とグラフ理論1)
閲覧 【授業概要】(2002/離散数学とグラフ理論1)
閲覧 【授業概要】(2002/離散数学とグラフ理論1)
閲覧 【授業概要】(2002/離散数学とグラフ理論1)

標準的な表示

和文冊子 ● 離散数学とグラフ理論1 / Discrete Mathematics and Graph Theory 1
欧文冊子 ● Discrete Mathematics and Graph Theory 1 / 離散数学とグラフ理論1

関連情報

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(3)
Number of session users = 1, LA = 0.68, Max(EID) = 371920, Max(EOID) = 994337.