『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=15288)

EID=15288EID:15288, Map:[2000/プログラミングシステム], LastModified:2007年12月28日(金) 15:49:24, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2001年 (平成 13年) [継承]
名称 (必須): (英) Programming Systems (日) プログラミングシステム (読) プログラミングシステム
[継承]
コース (必須): 1.2001/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.緒方 広明
肩書 (任意):
[継承]
2.泓田 正雄 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) オブジェクト指向言語,高機能言語によるプログラミングを学ぶことにより,より高度なソフトウェア開発技法を修得させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 講義の前半部分ではJava言語を通してオブジェクト指向言語によるシステム開発技術を習得する. 後半部分ではPerl言語を通してスクリプト系言語によるシステムプログラミング用のプログラミング技術を習得する. 双方とも,単にプログラミング言語の講義だけでなく,毎回講義の後に演習問題またはレポート課題を出題する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 講義の概観(オリエンテーション)  
[継承]
2.(英)   (日) オブジェクト指向システム開発とJava言語  
[継承]
3.(英)   (日) クラスとインスタンス  
[継承]
4.(英)   (日) クラスの継承  
[継承]
5.(英)   (日) 例外処理  
[継承]
6.(英)   (日) スレッド制御  
[継承]
7.(英)   (日) インタフェースの設計と開発  
[継承]
8.(英)   (日) 中間試験  
[継承]
9.(英)   (日) スカラー変数  
[継承]
10.(英)   (日) リストと配列変数  
[継承]
11.(英)   (日) ハッシュ変数  
[継承]
12.(英)   (日) 正規表現によるパターンマッチング  
[継承]
13.(英)   (日) 文字列操作  
[継承]
14.(英)   (日) ファイル操作·データベース操作  
[継承]
15.(英)   (日) CGIスクリプト  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 成績の評価は,中間試験と定期試験の得点だけでなく,平常点も加味する. 平常点には,講義内での発表回数,演習レポートの提出回数,及び講義への出席状況などを含む.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意):
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 特に指定しない. ノートを中心に行い,適時資料を配付する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 三島俊司 著「CGIのための実線入門Perl」技術評論社   [継承]
2.(英)   (日) 結城 浩 著「Java言語プログラミングレッスン上·下」ソフトバンク   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 「コンピュータ入門1,2」,「アルゴリズムとデータ構造1,2」,「プログラミング方法論1,2」の履修を前提にして講義を行う. 復習を兼ねた演習課題またはレポートが毎週与えられる.   [継承]
2.(英)   (日) 中間試験(割合30%)と定期試験(30%)に加えて,実践的なプログラム作成に関する演習レポートの結果と講義の出席状況,発表回数を合わせた平常点(40%)で成績を総合評価する.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2000/プログラミングシステム)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2000/プログラミングシステム) 閲覧 【授業概要】(2001/プログラミングシステム) 閲覧 【授業概要】(2002/プログラミングシステム)

標準的な表示

和文冊子 ● プログラミングシステム / Programming Systems
欧文冊子 ● Programming Systems / プログラミングシステム

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【担当授業】…(1)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 3, LA = 1.46, Max(EID) = 376571, Max(EOID) = 1008483.