『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=152803)

EID=152803EID:152803, Map:0, LastModified:2009年3月15日(日) 22:37:33, Operator:[安澤 幹人], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[安澤 幹人], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質機能化学講座 [継承]
種別 (必須): 特許 [継承]
出願国 (必須): 1.日本国 [継承]
発明者 (必須): 1.安澤 幹人 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
出願人 (推奨): 1.徳島大学 [継承]
名称 (必須): (英)   (日) マスキング方法   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 複数のセンシング部位を有するバイオセンサなどを作製する際に,それぞれのセンシング部位に異なる修飾を行うには,目的以外のセンシング部位を被覆しておく必要がある.本発明では,電導性基材表面を一時的に保護するとともに,任意の箇所を任意の時点で露出することが可能なマスキング方法を提供する.   [継承]
キーワード (推奨):
出願 (必須): 2006-247936
出願年月日 (必須): 西暦 2006年 9月 13日 (平成 18年 9月 13日) [継承]
[継承]
開示 (必須): 2008-68188
開示年月日 (必須): 西暦 2008年 3月 27日 (平成 20年 3月 27日) [継承]
[継承]
番号 (必須):
年月日 (必須):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 安澤 幹人 : マスキング方法, 特願2006-247936 (2006年9月), 特開2008-68188 (2008年3月), (番号) ((年月日)).
欧文冊子 ● Mikito Yasuzawa : マスキング方法, 2006-247936 (Sep. 2006), 2008-68188 (March 2008), (番号) ((年月日)).

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.44, Max(EID) = 373395, Max(EOID) = 999180.