『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=152782)

EID=152782EID:152782, Map:0, LastModified:2012年8月22日(水) 11:26:22, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 医学部保健学科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2007年 (平成 19年) [継承]
名称 (必須): (英) Haematology (日) 臨床血液学 (読) りんしょうけつえきがく
題目 (任意):
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2007/[徳島大学.医学部.保健学科.検査技術科学専攻]/保健学科.検査技術科学専攻/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.二宮 恒夫
肩書 (任意):
[継承]
2.梅野 真由美
肩書 (任意): 准教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
[継承]
3.尾崎 修治
肩書 (任意):
[継承]
4.賀川 久美子 ([徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
肩書 (任意): 助教 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 赤血球,白血球の形態,機能,ならびにこれらの血球系の疾患を学習する(二宮).主として出血性疾患の理解(尾崎,賀川)と,診断に必要な検査の意義(梅野)を習得させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 血液学の基礎,各種血液疾患の病態や検査値,血液学的及び止血学的検査法の原理や技術,臨床的意義などについて教授する.(オムニバス方式) (二宮):赤血球,白血球の形態と機能,さらに各種血液疾患の症状・診断・検査値について述べ,臨床血液検査の重要性を教授する. (尾崎・賀川):血小板形態および止血・凝固機構,出血性あるいは血栓性疾患について教授する. (梅野):血液学的検査,出血・血栓傾向の検査法について教授する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) わかりやすく講義するが,疑問点はそのときに質問するように心がけて下さい.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 血液の生理と病態,各種血液疾患の病態や検査値,血液学的および止血学的検査法の原理や技術,臨床的意義などについて理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 総論(血液の成分,機能,産生と崩壊)(二宮:60分×15回)  
[継承]
2.(英)   (日) 血球の分化·成熟と造血因子(二宮)  
[継承]
3.(英)   (日) 赤血球の形態と機能,ならびに疾患(鉄欠乏性貧血,再生不良性貧血,溶血性貧血など)(二宮)  
[継承]
4.(英)   (日) 白血球の形態と機能,ならびに疾患(細菌,ウイルス感染症やアレルギー疾患に伴う白血球数と分類の変動,白血病,悪性リンパ腫など)(二宮)  
[継承]
5.(英)   (日) M蛋白血症の診断,症状(二宮)  
[継承]
6.(英)   (日) 造血器の構造,機能(二宮)  
[継承]
7.(英)   (日) 赤血球・白血球系の疾患と臨床検査(まとめ),小試験(二宮)  
[継承]
8.(英)   (日) 巨核球・血小板の形態,生産,機能(尾崎:120分×1回)  
[継承]
9.(英)   (日) 止血機構,凝固線溶系のしくみ(尾崎)  
[継承]
10.(英)   (日) 出血傾向と出血性疾患,血栓傾向と血栓性疾患(賀川:120分×1回)  
[継承]
11.(英)   (日) 造血幹細胞移植(賀川)  
[継承]
12.(英)   (日) 血液学的検査法(梅野:120分×6回)  
[継承]
13.(英)   (日) 出血傾向・血栓傾向検査法(梅野)  
[継承]
14.(英)   (日) 染色体検査および遺伝子検査(梅野)  
[継承]
15.(英)   (日) 試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 二宮:筆記試験で評価し,試験は2回行う.7回の授業が終了した後と,定期の前期試験日.それぞれ50点満点とし,2回の合計が60点以上を合格とする.梅野,尾崎・賀川:筆記試験で評価する.定期試験日に行う.100点満点の60点以上を合格とする.なお,各教官の試験で合格することが必要である.   [継承]
再評価 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 臨床検査技術学11 「血液検査学」:古沢新平・磯部淳一著(医学書院)   [継承]
2.(英)   (日) 臨床検査学講座「遺伝子・染色体検査学」:奈良信雄 他著(医歯薬出版)   [継承]
3.(英)   (日) 血液細胞アトラス:三輪史朗・渡辺陽之輔著(文光堂)   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 適宜紹介する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.二宮 恒夫
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 二宮教員研究室(3階),昼食時および17時∼18時   [継承]
[継承]
2.梅野 真由美
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 臨床血液学 / Haematology
欧文冊子 ● Haematology / 臨床血液学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.48, Max(EID) = 364714, Max(EOID) = 976732.