『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=15195)

EID=15195EID:15195, Map:[2000/統計力学], LastModified:2007年12月28日(金) 16:16:55, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.工学基礎教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2001年 (平成 13年) [継承]
名称 (必須): (英) Satistical Mechanics (日) 統計力学 (読) とうけいりきがく
[継承]
コース (必須): 1.2001/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース] [継承]
2.2001/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.岸本 豊 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.物理科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.物理科学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 統計力学は原子·分子等の微視的性質を用いて物質の巨視的性質を説明する際に必要な,いわゆる微視的世界と巨視的世界を結ぶ橋である. 本講義では,熱平衡状態における物質量の熱平均値を求める際に用いられる統計力学の基本事項について平易に解説したい. 随時レポートを課し,小テスト等を行う予定である.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 上記講義計画に示した項目に従い,統計力学で用いられる基本的な集団-ミクロカノニカル集団,カノニカル集団およびグランドカノニカル集団-の概念を用いて熱平衡状態について講義し,巨視的物理量が原子·分子の性質から導かれることについて解説する. また古典統計と量子統計の相違点についても講義する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) はじめに 統計力学的な考え方  
[継承]
2.(英)   (日) ミクロカノニカル集団と熱平衡  
[継承]
3.(英)   (日) 温度とエントロピー  
[継承]
4.(英)   (日) 熱力学第一法則と第二法則  
[継承]
5.(英)   (日) カノニカル集団  
[継承]
6.(英)   (日) ボルツマン分布  
[継承]
7.(英)   (日) ヘルムホルツ自由エネルギー  
[継承]
8.(英)   (日) マクスウェル-ボルツマンの速度分布則  
[継承]
9.(英)   (日) グランドカノニカル集団  
[継承]
10.(英)   (日) 基本概念のまとめ  
[継承]
11.(英)   (日) 量子統計(1)フェルミ統計  
[継承]
12.(英)   (日) 量子統計(2)ボーズ統計  
[継承]
13.(英)   (日) 統計力学の応用(1)  
[継承]
14.(英)   (日) 統計力学の応用(2)  
[継承]
15.(英)   (日) 予備日  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義への出席状況,演習の回答,レポート·小テストの提出状況および内容等の平常点と定期試験の成績を総合して行う.   [継承]
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) ノート講義である.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 久保亮吾著「統計力学」共立出版   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 「量子力学」を履修していることが望ましい.   [継承]
2.(英)   (日) 「平常点」と「定期試験の成績」の割合は3:7とする.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2000/統計力学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2000/統計力学) 閲覧 【授業概要】(2001/統計力学) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 統計力学 / Satistical Mechanics
欧文冊子 ● Satistical Mechanics / 統計力学

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.57, Max(EID) = 366619, Max(EOID) = 982032.