『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=151832)

EID=151832EID:151832, Map:0, LastModified:2007年12月26日(水) 22:46:56, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 全学共通教育 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2007年 (平成 19年) [継承]
名称 (必須): (英) Living and Society (日) 生活と社会 (読) せいかつとしゃかい
題目 (必須): (英) Creativity Development: Introduction to Social Research (日) 共創型学習「はじめての社会調査」 (読) きょうそうがたがくしゅう はじめてのしゃかいちょうさ [継承]
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2007/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育] [継承]
担当教員 (必須): 1.松谷 満 ([徳島大学.全学共通教育センター])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 卒論などよほどの事情がない限り,わたしたちは調査というものをする機会がない.大学を卒業すればさらにチャンスは減る.調査といってもアンケートばかりではない.観察したり,写真を撮ったり,インタビューをしたり,文書資料を調べたりとその手法はさまざまである.本授業では,何らかの問題関心をもち,それを解明してみたいという受講者に調査の機会を提供し,調査体験を通して自分で考える力を身につけることを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 基本的には下記の授業計画にもとづき,実習形式での授業を行う.前半はさまざまな社会調査について紹介し,調査方法の説明を行う.後半は受講者それぞれが個人あるいはグループで調査計画を立て,資料を集め,実際に調査を行う.その後,調査の結果について発表する.教員はそのサポートをすることが主な仕事であり,学生が主体となって進める授業であるといえる.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 社会学 (読) [継承]
2.社会調査 (social survey) [継承]
3. (英) (日) フィールドワーク (読) [継承]
4. (英) (日) インタビュー (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 実際に調査を計画し実践することで,貴重な体験を積むとともに,その過程をとおして自ら考える力を身につける.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) オリエンテーション  
[継承]
2.(英)   (日) 社会調査の目的  
[継承]
3.(英)   (日) 社会調査の方法  
[継承]
4.(英)   (日) 社会調査の内容  
[継承]
5.(英)   (日) 調査計画を立てる(1)  
[継承]
6.(英)   (日) 調査計画を立てる(2)  
[継承]
7.(英)   (日) 資料を集める  
[継承]
8.(英)   (日) 調査の準備  
[継承]
9.(英)   (日) 調査の実践(1)  
[継承]
10.(英)   (日) 調査の実践(2)  
[継承]
11.(英)   (日) 調査の実践(3)  
[継承]
12.(英)   (日) 調査結果の考察(1)  
[継承]
13.(英)   (日) 調査結果の考察(2)  
[継承]
14.(英)   (日) 発表(1)  
[継承]
15.(英)   (日) 発表(2)  
[継承]
16.(英)   (日) まとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業への取り組み状況:50% 発表:50%   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 無   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 無   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 授業中に指示する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) 松谷(総合科学部1号館中棟1階2108, Tel: 088-656-8480, E-mail: matumitu@ias.tokushima-u.ac.jp) (読)
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) この授業で大事なのは,知識を覚え込むことではない.いままでとは違ったものの見方ができるようになること,「もっと知りたい」という意欲がわくこと,そして高い授業料の元を取ることである.受講者の意向をできるだけ尊重したいので,積極的な参加を望む.   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 生活と社会 / Living and Society --- 共創型学習「はじめての社会調査」 / Creativity Development: Introduction to Social Research
欧文冊子 ● Living and Society / 生活と社会 --- Creativity Development: Introduction to Social Research / 共創型学習「はじめての社会調査」

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 3, LA = 0.43, Max(EID) = 384036, Max(EOID) = 1027370.