『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=15167)

EID=15167EID:15167, Map:[2000/電気電子工学創成実験1], LastModified:2007年12月28日(金) 15:40:11, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2001年 (平成 13年) [継承]
名称 (必須): (英) Electrical and Electronic Engineering Laboratory 1 (Design 1) (日) 電気電子工学創成実験1 (読) でんきでんしこうがくそうせいじっけん
[継承]
コース (必須): 1.2001/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.牛田 明夫
肩書 (任意):
[継承]
2.來山 征士
肩書 (任意):
[継承]
3.大野 泰夫
肩書 (任意):
[継承]
4.富永 喜久雄
肩書 (任意):
[継承]
5.中島 貞之丞
肩書 (任意):
[継承]
6.西野 克志 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
肩書 (任意):
[継承]
7.服部 敦美
肩書 (任意):
[継承]
8.原田 昭夫
肩書 (任意):
[継承]
9.江 南
肩書 (任意):
[継承]
10.川上 烈生 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 電気磁気現象を電気磁気学および電気回路理論を用いて解釈·理解するため,基本的な測定実験を行う.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 1.電流による磁界 有限長ソレノイドのつくる磁界が磁性体の存在によりどのように影響を受けるかを測定し,結果を磁性体の磁化特性により解釈する.2. R, L, Cの測定 電気抵抗の抵抗値,コイルのインダクタンス,コンデンサのキャパシタンスをブリッジ法などにより測定し,ブリッジの構成を学ぶ.3.交流回路 交流電位差計による電流ベクトル,電圧ベクトル測定の原理を習得し,回路の電圧,複素インピーダンス,消費電力,三相電圧を測定する.4. 共振特性 直列共振回路の電圧電流を測定して共振現象を調べコイルの実効抵抗を測定するとともに,相互誘導による結合回路の性質を実験によって考察する. 5. 受動二端子対回路 所望の周波数特性をもつ基本的な LCフィルタと RC 回路を設計し,周波数特性を測定するとともに,四端子定数に対する理解を深める.6.過渡現象波形 所望の過渡特性をもつ RL 直列回路,RC 直列回路,RLC 直列回路を設計し,直流電圧を加えたときの過渡現象を観測する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 電流による磁界(2週)  
[継承]
2.(英)   (日) R, L, Cの測定(2週)  
[継承]
3.(英)   (日) 交流回路(2週)  
[継承]
4.(英)   (日) 共振特性(2週)  
[継承]
5.(英)   (日) 受動二端子対回路(2週)  
[継承]
6.(英)   (日) 過渡現象波形(2週)  
[継承]
7.(英)   (日) ただし,各テーマ 2週の内訳は,原理および実験方法の講義に 0.5週,実験に 1週,口頭試問に 0.5週とする.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) すべての実験を行い,すべての実験について実験報告書の提出が求められる.提出された報告書と口頭試問によって評価する.報告書および口頭試問の内容によっては,報告書の再提出を求めることもある.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意):
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 電気電子工学科教官による指導書「電気電子工学創成実験1」   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 各実験テーマに関する参考書は上記教科書に記載されている.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) やむを得ず欠席した場合は追実験を行い,報告書の提出が求められる.再提出された報告書によっては, 追実験を求めることがある.   [継承]
2.(英)   (日) 試験は行わない.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2000/電気電子工学創成実験1)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2000/電気電子工学創成実験1) 閲覧 【授業概要】(2001/電気電子工学創成実験1) 閲覧 【授業概要】(2002/電気電子工学創成実験1)

標準的な表示

和文冊子 ● 電気電子工学創成実験1 / Electrical and Electronic Engineering Laboratory 1 (Design 1)
欧文冊子 ● Electrical and Electronic Engineering Laboratory 1 (Design 1) / 電気電子工学創成実験1

関連情報

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 1, LA = 0.49, Max(EID) = 360736, Max(EOID) = 966270.