『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=150504)

EID=150504EID:150504, Map:[2006/耐震工学特論], LastModified:2007年12月26日(水) 18:45:39, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2007年 (平成 19年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Earthquake Engineering (日) 耐震工学特論 (読) たいしんこうがくとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2007/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.澤田 勉
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) To investigate characteristics of earthquake ground motions and dynamics of structures, and to understand their modeling techniques which are necessary for evaluating earthquake resisiting capacity and earthquake resistant design of structures.  (日) 土木構造物特に橋梁の耐震設計で必要となる橋脚の耐震性能,設計地震動の設定方法及び耐震性能の照査方法を理解させる.   [継承]
概要 (必須): (英) In the lecture, the relation between earthquakes and ground motions, analytical method and modeling technique of earthquake ground motions and structures, dynamic response analysis of soils and structures, response spectrum and fundamental concept of earthquake resistant design of road bridges are explained.  (日) 橋梁の耐震設計を行う際に必要となる設計地震動の設定方法,耐震性能の定義,静的照査法,動的照査法,橋脚の保有水平耐力の算定方法などの基本事項を習得するとともに応用力を養成する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) earthquake resistant design (日) 耐震設計 (読) たいしんせっけい [継承]
2. (英) highway bridge (日) 道路橋 (読) どうろきょう [継承]
3. (英) response spectrum (日) 応答スペクトル (読) おうとうすぺくとる [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.振動工学特論 ([2007/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2006/振動工学特論])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英) To have acquired the information of structural mechanics and vibration theory.  (日) 構造力学及び振動工学の知識を有すること.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To understand the method of earthquake resistant design of highway bridges.  (日) 土木構造物の耐震設計の基本方針,すなわち設計地震動のレベルと橋の重要度に応じて必要とされる耐震性能を確保するという目的を理解し,実務に適応できる応用力を修得する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Guidance  (日) ガイダンス  
[継承]
2.(英) Characteristics of earthquake ground motions (1)  (日) 地震動の工学的特性(1)  
[継承]
3.(英) Characteristics of earthquake ground motions(2)  (日) 地震動の工学的特性(2)  
[継承]
4.(英) Basic concept of earthquake resistant design  (日) 耐震設計法の基本方針  
[継承]
5.(英) Design earthquake ground motions(1)  (日) 設計地震動の設定方法(1)  
[継承]
6.(英) Design earthquake ground motions(1)  (日) 設計地震動の設定方法(2)  
[継承]
7.(英) Definition of earthquake resisting capacity  (日) 耐震性能の定義  
[継承]
8.(英) Evaluating method of earthquake resisting capacity  (日) 耐震性能の照査方法  
[継承]
9.(英) Static evaluation of earthquake resisting capacity(1)  (日) 静的照査法(1)  
[継承]
10.(英) Static evaluation of earthquake resisting capacity(2)  (日) 静的照査法(2)  
[継承]
11.(英) Static evaluation of earthquake resisting capacity(3)  (日) 静的照査法(3)  
[継承]
12.(英) Influence of ground conditions  (日) 地盤の影響  
[継承]
13.(英) Calculation of ultimate lateral strength of bridge pier(1)  (日) RC橋脚の地震時保有水平耐力の算定法(1)  
[継承]
14.(英) Calculation of ultimate lateral strength of bridge pier(2)  (日) RC橋脚の地震時保有水平耐力の算定法(2)  
[継承]
15.(英) Calculation of ultimate lateral strength of bridge pier(3)  (日) RC橋脚の地震時保有水平耐力の算定法(3)  
[継承]
16.(英) Term examination  (日) 期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英) Term examination and report are marked out of 20 and 80 respectively and those marks are summed up. The passing mark is 60.  (日) 期末試験の評点(20点満点)とレポート(80点満点)の合計が60点以上を合格とする.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) Japan Road Association:Seismic design specifications of highway bridges, 2002.  (日) 日本道路協会:道路橋示方書·同解説,Ⅴ耐震設計編,2002年.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.澤田 勉
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2006/耐震工学特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2006/耐震工学特論) 閲覧 【授業概要】(2007/耐震工学特論) 閲覧 【授業概要】(2008/耐震工学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 耐震工学特論 / Advanced Earthquake Engineering
欧文冊子 ● Advanced Earthquake Engineering / 耐震工学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(2) 閲覧【担当授業】…(1)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 1, LA = 1.24, Max(EID) = 376508, Max(EOID) = 1008340.