『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=150050)

EID=150050EID:150050, Map:[2006/基礎工法], LastModified:2007年12月26日(水) 20:41:55, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2007年 (平成 19年) [継承]
名称 (必須): (英) Foundation Engineering (日) 基礎工法 (読) きそこうほう
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.山上 拓男
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 今日,日常的に採用されている土木·建築構造物基礎の形式と,それらの施工法(造り方) の大略を知識として身に付けることがこの講義の目的·目標である.要は基礎工法の現況を知ることにある.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) この講義は,何か物理(力学) 現象や数理解析理論を理解するということではなく,構造物基礎の形式とその造り方を知るところに重点が置かれている.それゆえ,パワーポイント,OHP を多用して視覚に訴える講義が中心となる.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 直接基礎 (読) ちょくせつきそ [継承]
2. (英) (日) 杭基礎 (読) くいきそ [継承]
3. (英) (日) ケーソン基礎 (読) けーそんきそ [継承]
4. (英) (日) 地盤改良 (読) じばんかいりょう [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.土の力学2 ([2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/土の力学2])
関連度 (任意):
[継承]
2.地盤力学 ([2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/地盤力学])
関連度 (任意):
[継承]
3.地盤工学 ([2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/[2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2006/地盤工学])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 「土の力学1」「土の力学2」「地盤力学」及び「地盤工学」の履修を前提とする.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) なし   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 直接基礎,杭基礎およびケーソン基礎に属する各工法の名称と施工手順の大略を知識として身につけ,他者に説明できる. (1∼8回)  
[継承]
2.(英)   (日) 地盤改良工法の代表的工法について名称,改良原理,および施工手順の大略を知識として身につけ,他者に説明できる.(9∼14回)  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 基礎工法概論  
[継承]
2.(英)   (日) 直接基礎  
[継承]
3.(英)   (日) 既製杭工法  
[継承]
4.(英)   (日) 場所打コンクリート杭工法(その1)  
[継承]
5.(英)   (日) 場所打コンクリート杭工法(その2)  
[継承]
6.(英)   (日) 深礎工法  
[継承]
7.(英)   (日) オープンケーソン工法  
[継承]
8.(英)   (日) ニューマチックケーソン工法  
[継承]
9.(英)   (日) 地盤改良工法概論  
[継承]
10.(英)   (日) プレローデイング工法  
[継承]
11.(英)   (日) バーチカルドレーン工法  
[継承]
12.(英)   (日) サンドコンパクションパイル工法,バイブロフローテーション工法  
[継承]
13.(英)   (日) 動圧密工法,深層混合処理工法  
[継承]
14.(英)   (日) 土の補強  
[継承]
15.(英)   (日) 総括  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 期末試験で評価する.到達目標1,2の配点の重みを60%:40%とし,これら二つの到達目標それぞれに対応する期末試験の設問の評点が共に60%をクリアした場合を合格とする.成績は評点の合計で算出する.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 【成績評価】と同一である.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) 本科目は本学科の教育目標の3(3)に,100%対応する.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 吉田巌編著「目でみる基礎と地盤の工学」技報堂出版   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 教科書が充実しているため格別他の書物を参考にする必要はないが,「土木施工法」「基礎工法」などのタイトルを掲げた書物は有用である.なお,補足説明用のプリントを配付し解説する.   [継承]
URL (任意): http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/lectures/D0038 [継承]
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) 山上 (A401,088-656-7345,takuo@ce.tokushima-u.ac.jp) (読)
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 年度ごとに学科の掲示を参照すること   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2006/基礎工法)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2006/基礎工法) 閲覧 【授業概要】(2007/基礎工法) 閲覧 【授業概要】(2008/基礎工法)

標準的な表示

和文冊子 ● 基礎工法 / Foundation Engineering
欧文冊子 ● Foundation Engineering / 基礎工法

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(3)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.48, Max(EID) = 371904, Max(EOID) = 994291.