『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=15002)

EID=15002EID:15002, Map:[2000/数理計画法], LastModified:2011年4月10日(日) 21:04:15, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2001年 (平成 13年) [継承]
名称 (必須): (英) Mathematical Programming (日) 数理計画法 (読) すうりけいかくほう
[継承]
コース (必須): 1.2001/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.池田 建司 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 本講義は2つの部分からなる. 前半は線形計画法であり,その理論と計算法について解説する. 後半では,ネットワーク上の最適化を論じる. 基礎理論を厳密に展開し,理解させることを目的としているが,同時に,理解をより容易にするため,理論の意味を幾何学的に把握できるよう配慮している. また,例題を取り上げ,演習を実施している.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 線形計画法とネットワーク最適化について講義している. 線形計画法では,その定式化の方法,シンプレックス解法を中心とした計算法,シンプレックス法の有効性を保証する基本定理,理論的背景であり,かつ線形計画法の幾何学的解釈を示している双対定理とファーカスの補題などについて述べる.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 線形計画法の導入  
[継承]
2.(英)   (日) 線形計画法の標準問題  
[継承]
3.(英)   (日) 実行可能性と実行可能基底解  
[継承]
4.(英)   (日) 線形計画法の基本定理とその証明  
[継承]
5.(英)   (日) シンプレックス解法:例題と演習  
[継承]
6.(英)   (日) 2段階法:例題と演習  
[継承]
7.(英)   (日) 行列形式解法と改訂シンプレックス法  
[継承]
8.(英)   (日) 双対問題,双対定理,ファーカスの補題  
[継承]
9.(英)   (日) 中間試験  
[継承]
10.(英)   (日) グラフ理論の復習  
[継承]
11.(英)   (日) 最短経路問題  
[継承]
12.(英)   (日) 最小木問題  
[継承]
13.(英)   (日) 最大流·最小カット問題  
[継承]
14.(英)   (日) 最大マッチング·最小カバー定理  
[継承]
15.(英)   (日) 予備日  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) レポートの提出状況と内容,及び,中間試験と定期試験の成績を総合して行う.   [継承]
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 特に指定しない. 板書によって講義を進める.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 馬場則夫·坂和正敏 著「数理計画法入門」共立出版   [継承]
2.(英)   (日) 今野 浩「線形計画法」日科技連   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 必要な予備的知識は講義の中で一応述べるが,線形代数の知識(ベクトルの一次独立性,行列の階数)をもっていることが望ましい.   [継承]
2.(英)   (日) 成績評価に対する平常点と試験の比率は2:8とする. 平常点には講義への参加状況,演習の回答及びレポートの提出状況と内容を含み,試験には中間試験と期末試験の成績を含む.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2000/数理計画法)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2000/数理計画法) 閲覧 【授業概要】(2001/数理計画法) 閲覧 【授業概要】(2002/数理計画法)

標準的な表示

和文冊子 ● 数理計画法 / Mathematical Programming
欧文冊子 ● Mathematical Programming / 数理計画法

関連情報

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.65, Max(EID) = 371920, Max(EOID) = 994337.