『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14995)

EID=14995EID:14995, Map:[2000/水理学2], LastModified:2011年4月10日(日) 22:11:13, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2001年 (平成 13年) [継承]
名称 (必須): (英) Hydraulics (2) (日) 水理学2 (読) すいりがく
[継承]
コース (必須): 1.2001/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 管水路と開水路の流れに関する基本事項を習得させる   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 河川,海岸,港湾,上下水道の計画·設計の基礎となる水理学のうち,管水路と開水路の流れに関する基本事項を講義する.演習では講義内容に沿った例題を与え,実際の問題への応用力を養成する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意): (英)   (日) 平常点は4回の小テストと随時行うレポートの内容を主に評価するので,毎回の予習·復習は欠かさず行うこと.   [継承]
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 形状抵抗と表面抵抗  
[継承]
2.(英)   (日) 平板に働く表面抵抗  
[継承]
3.(英)   (日) 管内流の摩擦抵抗  
[継承]
4.(英)   (日) 管水路の流れの基礎方程式  
[継承]
5.(英)   (日) 摩擦損失係数,形状損失水頭  
[継承]
6.(英)   (日) 単線管水路の水理  
[継承]
7.(英)   (日) サイホン,水車とポンプ  
[継承]
8.(英)   (日) 中間テスト  
[継承]
9.(英)   (日) 開水路流れの分類  
[継承]
10.(英)   (日) 比エネルギー  
[継承]
11.(英)   (日) 常流と射流  
[継承]
12.(英)   (日) 水面形の特徴,平均流速公式  
[継承]
13.(英)   (日) 開水路の流れの基礎方程式  
[継承]
14.(英)   (日) 開水路の等流  
[継承]
15.(英)   (日) 開水路における不等流  
[継承]
16.(英)   (日) 最終試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義に対する理解力の評価は講義への参加状況,レポートの提出状況と内容,小テスト及び最終試験の成績を総合して行う.   [継承]
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 玉井信行·有田正光共編「水理学」   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) オーム社林泰造著『基礎水理学』鹿島出版会,鈴木幸一著『水理学演習』森北出版   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 水理学1を習得していることを前提に講義を行う.   [継承]
2.(英)   (日) 成績評価に対する平常点と試験の比率は5:5とする.平常点は主にレポートの提出状況と内容,小テストで評価する.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2000/水理学2)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2000/水理学2) 閲覧 【授業概要】(2001/水理学2) 閲覧 【授業概要】(2002/水理学2)

標準的な表示

和文冊子 ● 水理学2 / Hydraulics (2)
欧文冊子 ● Hydraulics (2) / 水理学2

関連情報

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 6, LA = 0.58, Max(EID) = 375440, Max(EOID) = 1006182.