『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14859)

EID=14859EID:14859, Map:[2000/工業英語1], LastModified:2007年12月28日(金) 15:22:41, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2001年 (平成 13年) [継承]
名称 (必須): (英) Engineering English (日) 工業英語1 (読) こうぎょうえいご
[継承]
コース (必須): 1.2001/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.村上 理一
肩書 (任意):
[継承]
2.三澤 弘明 ([北海道大学])
肩書 (任意):
[継承]
3.一宮 昌司 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.エネルギーシステム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.エネルギーシステム講座])
肩書 (任意):
[継承]
4.伊藤 照明
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 技術者としての英語による表現力と課題研究を通したプレゼンテーション能力を養うために演習· レポート,小テストを行い,機械技術者に求められるコミニケーション能力を修得させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 機械技術者に必要な英語による表現力を高めるために身近な英文のカタログや技術論文を例にあげ工業英 語の読み方や技術レポートの書き方を養成する. また,インターネットを活用しながら海外情報の取得の仕方を体験 しながら課題探求を行い,その成果を英語による報告書としてまとめ最後に英語によるプレゼンテーションを実施し 技術者に必要なコミニケーション能力を体得させる.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 工業英語の基礎  
[継承]
2.(英)   (日) 工業英語の基礎·小テスト  
[継承]
3.(英)   (日) 英文カタログの読み方  
[継承]
4.(英)   (日) 英文カタログの読み方  
[継承]
5.(英)   (日) 英文カタログの読み方·小テスト  
[継承]
6.(英)   (日) 技術レポートの書き方  
[継承]
7.(英)   (日) 技術レポートの書き方  
[継承]
8.(英)   (日) 技術レポートの書き方·レポート  
[継承]
9.(英)   (日) 課題探求とインターネット  
[継承]
10.(英)   (日) 課題探求とインターネット  
[継承]
11.(英)   (日) 課題探求のレポート  
[継承]
12.(英)   (日) 課題探求のレポート  
[継承]
13.(英)   (日) プレゼンテーション  
[継承]
14.(英)   (日) プレゼンテーション  
[継承]
15.(英)   (日) 予備日  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義に対する理解力の評価は講義への参加状況,演習の回答,レポートの提出状況と内容,小テスト 及び最終試験の成績を総合して行う.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意):
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 鈴木英次著「科学英語のセンスを磨く」化学同人   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 木下是雄著「理科系の作文技術」中公新書   [継承]
2.(英)   (日) マーク·ピーターセン著「日本人の英語」岩波新書   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) この講義は英語によるコミニケーション能力の向上を目指して各単元ごとに小テストやレポートを課すので,毎回の課題を確実に実行し,表現力を向上させるよう努力すること.   [継承]
2.(英)   (日) 成績評価に対する平常点と試験の比率は5:5とする. 平常点には講義への参加状況,レポートの提出状況を含み,試験には小テスト及び最終試験の成績を含む.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2000/工業英語1)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2000/工業英語1) 閲覧 【授業概要】(2001/工業英語1) 閲覧 【授業概要】(2002/工業英語1)

標準的な表示

和文冊子 ● 工業英語1 / Engineering English
欧文冊子 ● Engineering English / 工業英語1

関連情報

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(3)
Number of session users = 1, LA = 0.58, Max(EID) = 375658, Max(EOID) = 1006547.