『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14831)

EID=14831EID:14831, Map:[2000/計算機化学], LastModified:2007年12月28日(金) 16:03:39, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2001年 (平成 13年) [継承]
名称 (必須): (英) Computer in Chemistry (日) 計算機化学 (読) けいさんきかがく
[継承]
コース (必須): 1.2001/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース] [継承]
2.2001/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.森賀 俊広 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.加藤 雅裕 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 化学の分野での計算機利用の現状を講述すると共に,Basic言語(True Basic)を用いたプログラム演習を通じて,化学実験で得られるデータの基本的な解析手法を修得させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 「計算機化学」では,前半,現在使用されている計算機および化学における利用状況を講述することにより,計算機利用の必要性を充分に理解させる.後半は,プログラム演習を中心に各自が計算機と接し,化学実験で得られるデータの解析手段としての計算機の利用をテーマに,初心者でも比較的修得しやすいプログラム言語であるBasic言語(True Basic)を用いて,データ解析に必要な最小自乗法等のプログラムを作成し,さらに,条件文等のプログラム言語の理解を進める.最終的に,各自が計算機をデータ解析に使える能力をつけさせる.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 計算機の歴史  
[継承]
2.(英)   (日) 計算機の仕組み (大型計算機,パーソナルコンピュータ,周辺装置)  
[継承]
3.(英)   (日) 計算機と化学1 (理論計算,シミュレーション化学)  
[継承]
4.(英)   (日) 計算機と化学2 (実験データと計算機,プレゼンテーション)  
[継承]
5.(英)   (日) データの処理1 (平均値,標準偏差,誤差)  
[継承]
6.(英)   (日) データの処理2 (最小自乗法)  
[継承]
7.(英)   (日) Basic言語1 (プログラミングの基礎)  
[継承]
8.(英)   (日) Basic言語2 (関数,入出力文)  
[継承]
9.(英)   (日) Basic言語3 (条件文)  
[継承]
10.(英)   (日) Basic言語4 (繰り返し文)  
[継承]
11.(英)   (日) Basic言語5 (グラフィック文)  
[継承]
12.(英)   (日) Basic言語6 (サブルーティン)  
[継承]
13.(英)   (日) 課題レポート  
[継承]
14.(英)   (日) 予備日  
[継承]
15.(英)   (日) 予備日  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義中の演習·出席率および課題レポート(プログラムの提出)により評価する.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 講義時にプリントを配布し,教科書は指定しない   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 章ごとに適当なものを紹介する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) プログラム言語の理解を目的として,プログラム演習を毎時実施するので,予習·復習を欠かさず行うこと.   [継承]
2.(英)   (日) 講義中の演習·出席率および課題レポートの成績により評価し,その比率を6:4とする.なお,定期試験は行わない.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2000/計算機化学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2000/計算機化学) 閲覧 【授業概要】(2001/計算機化学) 閲覧 【授業概要】(2002/計算機化学)

標準的な表示

和文冊子 ● 計算機化学 / Computer in Chemistry
欧文冊子 ● Computer in Chemistry / 計算機化学

関連情報

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 1, LA = 1.08, Max(EID) = 366619, Max(EOID) = 982034.