『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=147459)

EID=147459EID:147459, Map:0, LastModified:2006年9月25日(月) 12:11:08, Operator:[有澤 孝吉], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[有澤 孝吉], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総説·解説 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.日吉 峰麗
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.上村 浩一
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.武田 英雄 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.総合研究支援センター])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.木戸 博 ([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.有澤 孝吉
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Introduction of proteomic approach to environmental medicine  (日) 環境医学領域におけるプロテオミクスの導入   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Japanese Journal of Hygiene (日) 日本衛生学雑誌 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 61 [継承]
(必須): 4 [継承]
(必須): 393 399 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2006年 9月 25日 (平成 18年 9月 25日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 日吉 峰麗, 上村 浩一, 武田 英雄, 木戸 博, 有澤 孝吉 : 環境医学領域におけるプロテオミクスの導入, 日本衛生学雑誌, Vol.61, No.4, 393-399, 2006年9月.
欧文冊子 ● Mineyoshi Hiyoshi, Hirokazu Uemura, Hideo Takeda, Hiroshi Kido and Kokichi Arisawa : Introduction of proteomic approach to environmental medicine, Japanese Journal of Hygiene, Vol.61, No.4, 393-399, Sep. 2006.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.41, Max(EID) = 405240, Max(EOID) = 1099102.