『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=147161)

EID=147161EID:147161, Map:0, LastModified:2014年11月10日(月) 15:26:05, Operator:[松本 和幸], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[任 福継], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.基礎情報工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.松本 和幸 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.谷岡 哲也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.看護管理学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.任 福継 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Takasaka Yoichiro (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Matsuda Takuya (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.多田 敏子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.川西 千恵美
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Alan Barnard (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.大坂 京子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.上野 修一
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Psychoms: A mental health patient management and variance analysis system using artificial intelligence  (日) Psychoms: 人工知能を用いた精神科患者管理システムとバリアンス分析システム   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Although it is agreed that there is a need for clinical pathway variance analysis, methods for creating a system are less well defined. The purpose of this paper is considering a way to develop the Psychoms that mental health patient management and variance analysis system using artificial intelligence. This system aims to improve a patient's quality of life through consistent and timely care and has potential to assist in the improvement of quality health care services. This article describes a method of outcomes management and variance analysis in this system and the prospective development of future research are discussed.  (日) Psychomsは,精神科における患者管理のためのシステムと,バリアンス分析システムからなる.このシステムは,人工知能技術を用いて管理と分析を実現する.本システムの目的は,一貫性があり,タイムリーなケアにより患者のクォリティ・オブ・ライフの改善を目的とし,ヘルスケア・サービスの質改善の支援の可能性を持っている.本論文では,アウトカム管理とバリアンス分析の手法について述べ,今後の開発と研究の方向性について議論する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Outcome management (日) (読) [継承]
2. (英) variance analysis (日) (読) [継承]
3. (英) nursing administration (日) (読) [継承]
4. (英) team care (日) (読) [継承]
5. (英) artificial intelligence (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) University College Cork (日) (読) [継承]
誌名 (必須): (英) Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 73 77 [継承]
都市 (必須): (英) Cork, Ireland (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2006年 8月 初日 (平成 18年 8月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kazuyuki Matsumoto, Tetsuya Tanioka, Fuji Ren, Yoichiro Takasaka, Takuya Matsuda, Toshiko Tada, Chiemi Kawanishi, Barnard Alan, Kyoko Osaka and Shu-ichi Ueno : Psychoms: A mental health patient management and variance analysis system using artificial intelligence, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, (巻), (号), 73-77, Cork, Ireland, Aug. 2006.
欧文冊子 ● Kazuyuki Matsumoto, Tetsuya Tanioka, Fuji Ren, Yoichiro Takasaka, Takuya Matsuda, Toshiko Tada, Chiemi Kawanishi, Barnard Alan, Kyoko Osaka and Shu-ichi Ueno : Psychoms: A mental health patient management and variance analysis system using artificial intelligence, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, (巻), (号), 73-77, Cork, Ireland, Aug. 2006.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.84, Max(EID) = 373312, Max(EOID) = 998819.