『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14628)

EID=14628EID:14628, Map:0, LastModified:2005年5月17日(火) 09:22:43, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[安野 卓], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): その他·研究会 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.電気電子工学科.電気エネルギー講座 [継承]
著者 (必須): 1.安野 卓 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座]/バイオイノベーション研究所(併任))
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.鎌野 琢也
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.鈴木 茂行
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.原田 寛信
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Structure of Neuro Servo Controller for Positioning System and Online Tuning using Genetic Algorithm  (日) 位置決めシステムに適したニューロサーボコントローラの構成とGAによるオンラインチューニング   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文では,非線形プラントの位置サーボシステムとして,非線形オートチューニングコントローラ(NATC)を用いたフィードフォワード型2自由度位置サーボシステムを提案している.NATCは,ファジィ,ニュー口,遺伝的アルゴリズムを補完的に融合したコントローラとして捉えることができ,主として非線形プラントの逆システムをフィードフォワードパス内に構成することにより,目標値追従特性の改善を図ることができる.一方,フィードバック制御システムは,プラントの線形近似モデルを基に外乱抑圧特性のみに着目して設計され,十分な外乱抑圧特性およびNATCのチューニング過程における安定性を確保している.試作システムを用いた実験により,チューニング速度の高速化と位置決め精度の向上が確認でき,例えば,油空圧アクチュエータなどの非線形性の強いプラントに対するサーボシステムとして期待できる.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 計測自動制御学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) システム·情報部門シンポジウム2000講演論文集 (読) システムじょうほうぶもんシンポジウム こうえんろんぶんしゅう
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 109 114 [継承]
都市 (必須): 大阪 (Osaka/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 11月 9日 (平成 12年 11月 9日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 安野 卓, 鎌野 琢也, 鈴木 茂行, 原田 寛信 : 位置決めシステムに適したニューロサーボコントローラの構成とGAによるオンラインチューニング, システム·情報部門シンポジウム2000講演論文集, (巻), (号), 109-114, 2000年11月.
欧文冊子 ● Takashi Yasuno, Takuya Kamano, Takayuki Suzuki and Hironobu Harada : Structure of Neuro Servo Controller for Positioning System and Online Tuning using Genetic Algorithm, システム·情報部門シンポジウム2000講演論文集, (巻), (号), 109-114, Nov. 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.82, Max(EID) = 372500, Max(EOID) = 996244.