『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14592)

EID=14592EID:14592, Map:0, LastModified:2013年2月4日(月) 13:52:42, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械科学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Yamashita, Ryohei (日) 山下 良平 (読) やましたりょうへい
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.吉田 憲一
役割 (任意): (英)   (日) 解析,実験,考察,総括   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.坂巻 清司
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.堀川 敬太郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Acoustic Emission Behavior during Tensile Deformation of NiAl Intermetallic Compound  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文は,一方向凝固NiAl金属間化合物を作成し,熱処理による引張特性の変化およびAE挙動による変形·破壊挙動の変化を比較した.その結果,一方向凝固を施し,熱処理時間を増加することによって,延性および引張強度は増加し,AE挙動から,微視き裂の発生·進展による破壊形態から,き裂と転位の相互作用による破壊に変化していることが明らかになった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proc. 2nd Int. Conf. on Advanced Materials Development and Performance (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 912 915 [継承]
都市 (必須): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1999年 11月 23日 (平成 11年 11月 23日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Ryohei Yamashita, Kenichi Yoshida, Kiyoshi Sakamaki and Keitaro Horikawa : Acoustic Emission Behavior during Tensile Deformation of NiAl Intermetallic Compound, Proc. 2nd Int. Conf. on Advanced Materials Development and Performance, 912-915, Tokushima, Nov. 1999.
欧文冊子 ● Ryohei Yamashita, Kenichi Yoshida, Kiyoshi Sakamaki and Keitaro Horikawa : Acoustic Emission Behavior during Tensile Deformation of NiAl Intermetallic Compound, Proc. 2nd Int. Conf. on Advanced Materials Development and Performance, 912-915, Tokushima, Nov. 1999.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.61, Max(EID) = 377926, Max(EOID) = 1011309.