『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14424)

EID=14424EID:14424, Map:0, LastModified:2007年8月29日(水) 10:05:02, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Maruyama Shoji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 計画,解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,解析,考察,論文執筆の指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effects of Pressure and Local Anesthetic Tetracaine on the Phase Behavior of Dipalmitoylphosphatidylcholine Multilamellar Vesicles  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 局所麻酔薬テトラカイン塩酸塩存在下におけるジパルミトイルホスファチジルコリン多重膜ベシクルの温度-圧力相図を構築した.主転移温度と全転移温度はテトラカインの添加により降下し,加圧により増加することから,両転移に対する麻酔の圧拮抗現象が確かめられた.他方,指組構造のゲル相の出現に対しては,麻酔薬も加圧もその出現を促進させる方向へ作用した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本麻酔メカニズム研究グループ [継承]
誌名 (必須): Progress in Anesthetic Mechanism ([日本麻酔メカニズム研究グループ])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 3 [継承]
(必須):
(必須): 404 409 [継承]
都市 (必須): 高松 (Takamatsu/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1995年 12月 1日 (平成 7年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Shoji Maruyama, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effects of Pressure and Local Anesthetic Tetracaine on the Phase Behavior of Dipalmitoylphosphatidylcholine Multilamellar Vesicles, Progress in Anesthetic Mechanism, Vol.3, (号), 404-409, Takamatsu, Dec. 1995.
欧文冊子 ● Shoji Maruyama, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effects of Pressure and Local Anesthetic Tetracaine on the Phase Behavior of Dipalmitoylphosphatidylcholine Multilamellar Vesicles, Progress in Anesthetic Mechanism, Vol.3, (号), 404-409, Takamatsu, Dec. 1995.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.92, Max(EID) = 372548, Max(EOID) = 996414.