『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14420)

EID=14420EID:14420, Map:0, LastModified:2007年8月29日(水) 09:49:39, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,解析,記述,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Ichimori Hayato (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Hata Takashi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) New Transition of Dioleoylphosphatidylcholine Bilayer Membrane under High Pressure  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ジオレオイルホスファチジルコリン二分子膜の相転移を高圧光透過法で観測した.高圧力下で2種類の相転移が観測できた.高温側の相転移は50 %エチレングリコール水溶液中で観測した相転移でラメラ結晶相から液晶相へ転移であり,低温側の相転移はラメラゲル相から液晶相への転移(主転移)であった.ラメラゲル/液晶転移に関して,ラメラゲル相は300 MPaまでは安定相ではなく準安定相として存在していることがわかった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Springer-Verlag [継承]
誌名 (必須): (英) Advances in High Pressure Bioscience and Biotechnology (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 145 148 [継承]
都市 (必須): (英) Heidelberg (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1999年 6月 1日 (平成 11年 6月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Shoji Kaneshina, Hayato Ichimori, Takashi Hata and Hitoshi Matsuki : New Transition of Dioleoylphosphatidylcholine Bilayer Membrane under High Pressure, Advances in High Pressure Bioscience and Biotechnology, (巻), (号), 145-148, Heidelberg, June 1999.
欧文冊子 ● Shoji Kaneshina, Hayato Ichimori, Takashi Hata and Hitoshi Matsuki : New Transition of Dioleoylphosphatidylcholine Bilayer Membrane under High Pressure, Advances in High Pressure Bioscience and Biotechnology, (巻), (号), 145-148, Heidelberg, June 1999.

関連情報

Number of session users = 7, LA = 0.76, Max(EID) = 372614, Max(EOID) = 996873.