『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14411)

EID=14411EID:14411, Map:0, LastModified:2016年2月19日(金) 17:02:37, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.工学基礎教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.工学基礎教育センター [継承]
著者 (必須): 1. (英) Hanada Takao (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.今井 仁司
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kawarada Hideo (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Natori Makoto (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Numerical computations for solidification problems with change of volume  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文では,水の凝固現象のシミュレーションにおいて, 相転移における体積変化(密度変化)を考慮した現実的なモデルを提案した. 今までのモデルでは,体積変化を考慮していなかったため, それが液相と固相の界面の運動に与える影響を無視していた. 本モデルは,いままでの体積変化を考慮しないモデルの拡張にもなっている. 数値シミュレーションの結果, 体積変化によって生じる液相の流れが界面の運動へ影響すること確認されたとともに, 本モデルの妥当性の指標である質量保存が確認された.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Bulletin of the Greek Mathematical Society (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 31 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 29 49 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1990年 1月 1日 (平成 2年 1月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Takao Hanada, Hitoshi Imai, Hideo Kawarada and Makoto Natori : Numerical computations for solidification problems with change of volume, Bulletin of the Greek Mathematical Society, Vol.31, 29-49, 1990.
欧文冊子 ● Takao Hanada, Hitoshi Imai, Hideo Kawarada and Makoto Natori : Numerical computations for solidification problems with change of volume, Bulletin of the Greek Mathematical Society, Vol.31, 29-49, 1990.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.48, Max(EID) = 359816, Max(EOID) = 963868.