『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14317)

EID=14317EID:14317, Map:0, LastModified:2007年8月29日(水) 10:11:33, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Hata Takashi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,解析,考察,論文執筆の指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effect of Local Anesthetics on the Main- and Pre-transition Temperatures of Ether-Linked Phospholipid Bilayer Membranes  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) エーテル結合リン脂質ジヘキサデシルホスファチジルコリン二分子膜の相転移温度を5種類の局所麻酔薬塩酸塩(ジブカイン,テトラカイン,ブピバカイン,リドカイン,プロカイン)濃度の関数として測定した.全ての麻酔薬添加により主転移温度は濃度依存的に降下したが,一方前転移温度は逆に上昇した.麻酔薬は指組み構造ゲル相を安定化し,十分に麻酔薬が添加されるとリップルゲル相は消失する.相転移温度変化に束一性の熱力学関係式を適用して求めた主転移温度における分配係数差の順序は麻酔ポテンシーと一致した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本麻酔メカニズム研究グループ [継承]
誌名 (必須): Progress in Anesthetic Mechanism ([日本麻酔メカニズム研究グループ])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 6 [継承]
(必須):
(必須): 536 541 [継承]
都市 (必須): 高松 (Takamatsu/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 3月 31日 (平成 12年 3月 31日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Takashi Hata, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effect of Local Anesthetics on the Main- and Pre-transition Temperatures of Ether-Linked Phospholipid Bilayer Membranes, Progress in Anesthetic Mechanism, Vol.6, (号), 536-541, Takamatsu, March 2000.
欧文冊子 ● Takashi Hata, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effect of Local Anesthetics on the Main- and Pre-transition Temperatures of Ether-Linked Phospholipid Bilayer Membranes, Progress in Anesthetic Mechanism, Vol.6, (号), 536-541, Takamatsu, March 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.50, Max(EID) = 372583, Max(EOID) = 996813.