『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14315)

EID=14315EID:14315, Map:0, LastModified:2007年8月29日(水) 10:09:49, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Sano Shigeru (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.佐竹 弘
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kageyama Takuo (日) 影山 卓男 (読) かげやま たくお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Ohkawa Takaaki (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Yokono Satoshi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Ogli Kenji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Adsorption of Lidocaine to Plastic Resin  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 6種類のプラスチック樹脂管(シリコン,タイゴン,ナルゲン,テフロン,フロン,ポリエチレン)への局所麻酔薬リドカインの吸着量を調べた.シリコン,タイゴン,ナルゲン管では高pH領域において管中への非解離型リドカイン吸着量が顕著に増加したが,テフロン,フロン,ポリエチレン管では非解離型リドカインの吸着は起こらなかった.また,シリコン管を用いた場合には低pH領域でのみリドカインによる神経伝導遮断が起こったが,テフロン管の場合にはpHにかかわらず神経伝導遮断が起こった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本麻酔メカニズム研究グループ [継承]
誌名 (必須): Progress in Anesthetic Mechanism ([日本麻酔メカニズム研究グループ])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 6 [継承]
(必須):
(必須): 422 427 [継承]
都市 (必須): 高松 (Takamatsu/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 3月 31日 (平成 12年 3月 31日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Shigeru Sano, Hiromu Satake, Takuo Kageyama, Shoji Kaneshina, Takaaki Ohkawa, Satoshi Yokono and Kenji Ogli : Adsorption of Lidocaine to Plastic Resin, Progress in Anesthetic Mechanism, Vol.6, (号), 422-427, Takamatsu, March 2000.
欧文冊子 ● Shigeru Sano, Hiromu Satake, Takuo Kageyama, Shoji Kaneshina, Takaaki Ohkawa, Satoshi Yokono and Kenji Ogli : Adsorption of Lidocaine to Plastic Resin, Progress in Anesthetic Mechanism, Vol.6, (号), 422-427, Takamatsu, March 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.55, Max(EID) = 372616, Max(EOID) = 996877.