『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=143111)

EID=143111EID:143111, Map:0, LastModified:2015年6月18日(木) 11:38:57, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[副研究部長]/[大学院ヘルスバイオサイエンス研究部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
組織 (推奨): 1.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.感覚運動系病態医学講座 (2004年4月1日〜) [継承]
研究者 (必須): 1.久保 真一 [継承]
2.徳永 逸夫 [継承]
3.北村 修 [継承]
4.後藤田 貴子 [継承]
種別 (必須): 1.国内 [継承]
出資団体 (必須): 文部省.日本学術振興会 (->組織[独立行政法人日本学術振興会]) [継承]
予算名 (必須): 科学研究費補助金 [継承]
予算名2 (推奨): 基盤研究(B) [継承]
番号 (推奨): 17390201 [継承]
課題 (必須): (英)   (日) 剖検診断の為のストレス関与の評価:尿中のDNA損傷物質,ストレスホルモンの意義   [継承]
要約 (任意):
金額 (推奨): 1.4100.0千円 [継承]
2.2700.0千円 [継承]
期間 (必須): 西暦 2005年 4月 1日 (平成 17年 4月 1日) 〜西暦 2007年 3月 31日 (平成 19年 3月 31日) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 久保 真一, 徳永 逸夫, 北村 修, 後藤田 貴子 : 文部省 日本学術振興会, 科学研究費補助金基盤研究(B), 剖検診断の為のストレス関与の評価:尿中のDNA損傷物質,ストレスホルモンの意義, 2005年4月〜2007年3月.
欧文冊子 ● Shin-ichi Kubo, Itsuo Tokunaga, Osamu Kitamura and Takako Gotohda : Japan Society for the Promotion of Science, Ministry of Education, Grants-in-Aid for Scientific ResearchScientific Research (B), 剖検診断の為のストレス関与の評価:尿中のDNA損傷物質,ストレスホルモンの意義, April 2005-March 2007.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.00, Max(EID) = 372500, Max(EOID) = 996244.