『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14311)

EID=14311EID:14311, Map:0, LastModified:2007年8月29日(水) 10:01:26, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 記述,解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kamaya Hiroshi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Ueda Issaku (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Preferential Partitioning of Uncharged Local Anesthetics into Suface-Adsorbed Film  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 非解離型局所麻酔薬リドカインとその解離型リドカインカチオンの表面吸着膜中への分配を非解離型リドカインと塩酸の混合水溶液の表面張力およびpH測定から調べた.表面張力およびpHデータに熱力学的関係式を適用して水溶液中から吸着膜中へ移行した両麻酔薬の量を計算した.両者の共存組成では非解離型の量が圧倒的に多く,両者の分配挙動は3つの組成範囲において異なった.非解離型麻酔薬は解離型麻酔薬よりも細胞膜の疎水性環境にずっと移行しやすいことを明らかにした.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本麻酔メカニズム研究グループ [継承]
誌名 (必須): Progress in Anesthetic Mechanism ([日本麻酔メカニズム研究グループ])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 6 [継承]
(必須):
(必須): 186 191 [継承]
都市 (必須): 高松 (Takamatsu/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 3月 31日 (平成 12年 3月 31日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hitoshi Matsuki, Shoji Kaneshina, Hiroshi Kamaya and Issaku Ueda : Preferential Partitioning of Uncharged Local Anesthetics into Suface-Adsorbed Film, Progress in Anesthetic Mechanism, Vol.6, (号), 186-191, Takamatsu, March 2000.
欧文冊子 ● Hitoshi Matsuki, Shoji Kaneshina, Hiroshi Kamaya and Issaku Ueda : Preferential Partitioning of Uncharged Local Anesthetics into Suface-Adsorbed Film, Progress in Anesthetic Mechanism, Vol.6, (号), 186-191, Takamatsu, March 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.49, Max(EID) = 372548, Max(EOID) = 996414.