『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=143100)

EID=143100EID:143100, Map:0, LastModified:2006年10月2日(月) 14:05:45, Operator:[高木 真由美], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[永田 俊彦], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.濵 秀樹
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Azuma Hideki (日) 東 秀樹 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.瀬戸 浩行
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.永田 俊彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effect of Enamel Matrix Derivative on Osteoblastic Differentiation of Rat Calvaria Cells in Culture  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) 2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): (英) Switzerland (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 6月 28日 (平成 17年 6月 28日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hideki Hama, Hideki Azuma, Hiroyuki Seto and Toshihiko Nagata : Effect of Enamel Matrix Derivative on Osteoblastic Differentiation of Rat Calvaria Cells in Culture, 2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, (巻), (号), (頁), June 2005.
欧文冊子 ● Hideki Hama, Hideki Azuma, Hiroyuki Seto and Toshihiko Nagata : Effect of Enamel Matrix Derivative on Osteoblastic Differentiation of Rat Calvaria Cells in Culture, 2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, (巻), (号), (頁), June 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.13, Max(EID) = 382185, Max(EOID) = 1020923.