『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14310)

EID=14310EID:14310, Map:0, LastModified:2007年8月29日(水) 09:59:42, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Yamanaka Michio (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kamaya Hiroshi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Ueda Issaku (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Anesthetic Effect on Proteins. Volume Fuction of Bovine Serum Albumin  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) タンパク質とリガンドの結合およびラングミュア型の吸着等温線に対する熱力学関係式をタンパク質水溶液の密度データから導出した.牛血清アルブミンとオクタノールの混合水溶液の密度を牛血清アルブミン濃度の関数として測定し,データを導出した関係式で解析した.水中の両者の相互作用に対して大きな負の体積変化値を得た.負の体積変化値は疎水性相互作用はタンパク質の体積を収縮させ,加圧は両者の結合を促進することを示している.この結果は麻酔作用の圧力拮抗現象とは一致しない.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本麻酔メカニズム研究グループ [継承]
誌名 (必須): Progress in Anesthetic Mechanism ([日本麻酔メカニズム研究グループ])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 6 [継承]
(必須):
(必須): 180 185 [継承]
都市 (必須): 高松 (Takamatsu/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 3月 31日 (平成 12年 3月 31日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Michio Yamanaka, Shoji Kaneshina, Hiroshi Kamaya and Issaku Ueda : Anesthetic Effect on Proteins. Volume Fuction of Bovine Serum Albumin, Progress in Anesthetic Mechanism, Vol.6, (号), 180-185, Takamatsu, March 2000.
欧文冊子 ● Michio Yamanaka, Shoji Kaneshina, Hiroshi Kamaya and Issaku Ueda : Anesthetic Effect on Proteins. Volume Fuction of Bovine Serum Albumin, Progress in Anesthetic Mechanism, Vol.6, (号), 180-185, Takamatsu, March 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.80, Max(EID) = 372577, Max(EOID) = 996785.