『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14300)

EID=14300EID:14300, Map:0, LastModified:2005年3月9日(水) 09:41:33, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 記述,解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 山下 佑治 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 滴容法の原理に基づく自動界面張力測定装置の開発   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 2相液体間の界面張力値を迅速に且つ精度よく求める目的で,滴容法の原理に基づくコンピューター制御の自動界面張力測定装置を開発した.この装置を使用して純粋な水および油間の界面張力を測定し,一定の平衡界面張力値を得た.さらに水相に界面活性剤を溶解した水溶液と油との界面張力,油相に界面活性剤を溶解した油溶液と水との界面張力を測定した.いずれの場合の水/油界面においても界面張力の吸着平衡値が再現性良く得られた.本装置は界面現象の関与する研究に非常に役立つことを示した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) (日) 日本油化学会 (読) にほんゆかがくかい [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 油化学 (読) ゆかがく
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 48 [継承]
(必須): 11 [継承]
(必須): 57 64 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1999年 11月 1日 (平成 11年 11月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 松木 均, 山下 佑治, 金品 昌志 : 滴容法の原理に基づく自動界面張力測定装置の開発, 油化学, Vol.48, No.11, 57-64, 1999年.
欧文冊子 ● Hitoshi Matsuki, 山下 佑治 and Shoji Kaneshina : 滴容法の原理に基づく自動界面張力測定装置の開発, 油化学, Vol.48, No.11, 57-64, 1999.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.71, Max(EID) = 372548, Max(EOID) = 996414.