『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14277)

EID=14277EID:14277, Map:0, LastModified:2005年2月5日(土) 20:45:13, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Ichimori Hayato (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Hata Takashi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,解析,考察,論文執筆の指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effect of Unsaturated Acyl Chains on the Thermotropic and Barotropic Phase Transitions of Phospholipid Bilayer Membranes  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) リン脂質二分子膜の相挙動におよぼす不飽和アシル鎖の効果を高圧光透過法と示差走査熱量法を用いて調べた.飽和アシル鎖への不飽和結合の導入は主転移温度を降下させ,転移体積変化の値を減少させることがわかった.さらに不飽和結合のシス型とトランス型,シス型不飽和結合を導入するアシル鎖の位置(sn-1位あるいはsn-2位)およびsn-2位のアシル鎖中の不飽和結合数の相違は二分子膜の相挙動に大きな影響を与えることを示した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Elsevier (->組織[Elsevier Science]) [継承]
誌名 (必須): (英) Chemistry and Physics of Lipids (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 100 [継承]
(必須): 1-2 [継承]
(必須): 151 164 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1999年 6月 1日 (平成 11年 6月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hayato Ichimori, Takashi Hata, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effect of Unsaturated Acyl Chains on the Thermotropic and Barotropic Phase Transitions of Phospholipid Bilayer Membranes, Chemistry and Physics of Lipids, Vol.100, No.1-2, 151-164, 1999.
欧文冊子 ● Hayato Ichimori, Takashi Hata, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effect of Unsaturated Acyl Chains on the Thermotropic and Barotropic Phase Transitions of Phospholipid Bilayer Membranes, Chemistry and Physics of Lipids, Vol.100, No.1-2, 151-164, 1999.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 1.73, Max(EID) = 372553, Max(EOID) = 996421.