『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14267)

EID=14267EID:14267, Map:0, LastModified:2005年2月5日(土) 23:19:27, Operator:[金品 昌志], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.佐竹 弘
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Kageyama Takuo (日) 影山 卓男 (読) かげやま たくお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 実験計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 佐野 秀 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Ogli Kenji (日) 小栗 顕二 (読) おぐり けんじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) プラスチック管への局所麻酔薬リドカインの吸着とその神経伝導遮断に及ぼす影響   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 電気生理実験や薬物投与に用いられるシリコン系樹脂,ポリ塩化ビニル系樹脂,フッ素系樹脂,ポリエチレン樹脂からなるプラスチック管へのリドカインの吸着量とpHの関係を調べた.シリコン系およびポリ塩化ビニル系樹脂ではpHが高くなるとリドカイン吸着量が増し,pH 9の溶液では30分で80 %のリドカインが表面吸着した.電気生理実験でこれらのプラスチック管を用いると有効薬物濃度が著しく変化する.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 広島麻酔医学会 [継承]
誌名 (必須): 麻酔と蘇生 (広島大学医学部麻酔蘇生学教室内「麻酔と蘇生」雑誌編集部)
(resolved by 0385-1664)
ISSN: 0385-1664 (pISSN: 0385-1664)
Title: Masui to sosei. Hiroshima journal of anesthesia
Title(ISO): Masui To Sosei
Publisher: Hiroshima Masui Igakkai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 34 [継承]
(必須): 4 [継承]
(必須): 251 255 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1998年 12月 1日 (平成 10年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 佐竹 弘, 影山 卓男, 金品 昌志, 佐野 秀, 小栗 顕二 : プラスチック管への局所麻酔薬リドカインの吸着とその神経伝導遮断に及ぼす影響, 麻酔と蘇生, Vol.34, No.4, 251-255, 1998年.
欧文冊子 ● Hiromu Satake, Takuo Kageyama, Shoji Kaneshina, 佐野 秀 and Kenji Ogli : プラスチック管への局所麻酔薬リドカインの吸着とその神経伝導遮断に及ぼす影響, Anesthesia and Resuscitation, Vol.34, No.4, 251-255, 1998.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 1.29, Max(EID) = 372553, Max(EOID) = 996421.