『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14263)

EID=14263EID:14263, Map:0, LastModified:2005年7月5日(火) 12:17:39, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 計画,記述,解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Kamaya Hiroshi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Ueda Issaku (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Yamanaka Michio (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Volume Properties of Decylammonium Chloride and Micelle-Forming Local Anesthetic Mixtures in the Micelle  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 陽イオン性界面活性剤(塩化デシルアンモニウム)とミセル形成能を有する局所麻酔薬塩酸塩(ジブカインとテトラカイン)混合系の水溶液の密度を測定し,両者の水中での体積挙動を考察した.両系共に活性剤と麻酔薬分子は単分散およびミセル状態で体積的に理想混合した.またミセル形成の相図の結果から,両分子間に作用する非理想的な分子間相互作用はミセル体積に影響する程には強くないと結論した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): アメリカ化学会 [継承]
誌名 (必須): Langmuir ([アメリカ化学会])
(resolved by 0743-7463)
ISSN: 0743-7463 (pISSN: 0743-7463, eISSN: 1520-5827)
Title: Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids
Title(ISO): Langmuir
Publisher: American Chemical Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1520-5827)
ISSN: 0743-7463 (pISSN: 0743-7463, eISSN: 1520-5827)
Title: Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids
Title(ISO): Langmuir
Publisher: American Chemical Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 14 [継承]
(必須): 15 [継承]
(必須): 4030 4035 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1998年 7月 21日 (平成 10年 7月 21日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hitoshi Matsuki, Hiroshi Kamaya, Issaku Ueda, Michio Yamanaka and Shoji Kaneshina : Volume Properties of Decylammonium Chloride and Micelle-Forming Local Anesthetic Mixtures in the Micelle, Langmuir, Vol.14, No.15, 4030-4035, 1998.
欧文冊子 ● Hitoshi Matsuki, Hiroshi Kamaya, Issaku Ueda, Michio Yamanaka and Shoji Kaneshina : Volume Properties of Decylammonium Chloride and Micelle-Forming Local Anesthetic Mixtures in the Micelle, Langmuir, Vol.14, No.15, 4030-4035, 1998.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 1.51, Max(EID) = 372553, Max(EOID) = 996421.