『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14201)

EID=14201EID:14201, Map:0, LastModified:2015年1月29日(木) 14:58:48, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科 [継承]
著者 (必須): 1.最上 義夫
役割 (任意): (英)   (日) 全頁執筆   [継承]
貢献度 (任意): 80 [継承]
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Baba Norio (日) 馬場 則夫 (読) ばば のりお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Furusawa Shinsuke (日) 古澤 伸介 (読) ふるさわ しんすけ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Application of Variable Hierarchical Structure Learning Automata to the Optimization Problem of Unknown Multimodal Function Under Observation Noise  (日) 観測ノイズを考慮した多峰性未知関数最適化問題への可変階層構造学習オートマトンの適用   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 観測ノイズが存在する場合の多峰性未知関数の最適化問題について考察し,可変階層構造学習オートマトンを用いることによって,多峰性未知関数の大域的最小点を見出すための探索アルゴリズムを構築した.そして,2次元および4次元多峰性未知関数の大域的最小点の探索に本探索アルゴリズムを適用した数値シミュレーションによって,本探索アルゴリズムがノイズを含む観測値しか得られないような場合に大域的最小点を見出すことを示した.これは,不確実な情報のもとでもその学習機能によって最適な出力を見出すことが出来るという可変階層構造学習オートマトンの特性に依っていると考えられる.   [継承]
キーワード (推奨): 1.階層構造学習オートマトン (hierarchical structure learning automata) [継承]
2. (英) L <R-I> learning algorithm (日) (読) [継承]
3. (英) optimization algorithm (日) (読) [継承]
4. (英) global minimum (日) (読) [継承]
5. (英) noisy observation (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): 計測自動制御学会 [継承]
誌名 (必須): 計測自動制御学会論文集 ([計測自動制御学会])
(pISSN: 0453-4654, eISSN: 1883-8189)

ISSN (任意): 0453-4654
ISSN: 0453-4654 (pISSN: 0453-4654, eISSN: 1883-8189)
Title: 計測自動制御学会論文集
Supplier: 公益社団法人 計測自動制御学会
Publisher: The Society of Instrument and Control Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 34 [継承]
(必須): 8 [継承]
(必須): 1097 1103 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1998年 8月 1日 (平成 10年 8月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/10002479213/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 10002479213 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 最上 義夫, 馬場 則夫, 古澤 伸介 : 観測ノイズを考慮した多峰性未知関数最適化問題への可変階層構造学習オートマトンの適用, 計測自動制御学会論文集, Vol.34, No.8, 1097-1103, 1998年.
欧文冊子 ● Yoshio Mogami, Norio Baba and Shinsuke Furusawa : Application of Variable Hierarchical Structure Learning Automata to the Optimization Problem of Unknown Multimodal Function Under Observation Noise, Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers, Vol.34, No.8, 1097-1103, 1998.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.76, Max(EID) = 372521, Max(EOID) = 996302.