『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=141746)

EID=141746EID:141746, Map:0, LastModified:2018年2月9日(金) 13:47:15, Operator:[三好 小文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[浮田 浩行], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.知能機械学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Yoshio Tanimoto (日) 谷本 義雄 (読) たにもと よしお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Rokumyo Yasuhiko (日) 六名 泰彦 (読) ろくみょう やすひこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Furusawa Kazunari (日) 古澤 一成 (読) ふるさわ かずなり
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Tokuhiro Akihiro (日) 徳弘 昭博 (読) とくひろ あきひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.浮田 浩行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.知能機械学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Yamamoto Hideki (日) 山本 秀樹 (読) やまもと ひでき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Adjustment of Computer Input Device for Patient with Tetraplegia by using the Mouse Cursor Locus Image  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): IEEE [継承]
誌名 (必須): (英) Proceedings of the 2006 IEEE International Workshop on Imaging System and Techniques (IST2006) (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 119 124 [継承]
都市 (必須): ミノリ (Minori/[イタリア共和国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2006年 4月 29日 (平成 18年 4月 29日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1109/IST.2006.1650788    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意): 2-s2.0-33845571078 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Tanimoto Yoshio, Yasuhiko Rokumyo, Kazunari Furusawa, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Adjustment of Computer Input Device for Patient with Tetraplegia by using the Mouse Cursor Locus Image, Proceedings of the 2006 IEEE International Workshop on Imaging System and Techniques (IST2006), (巻), (号), 119-124, Minori, April 2006.
欧文冊子 ● Tanimoto Yoshio, Yasuhiko Rokumyo, Kazunari Furusawa, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Adjustment of Computer Input Device for Patient with Tetraplegia by using the Mouse Cursor Locus Image, Proceedings of the 2006 IEEE International Workshop on Imaging System and Techniques (IST2006), (巻), (号), 119-124, Minori, April 2006.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.76, Max(EID) = 375096, Max(EOID) = 1005157.