『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14165)

EID=14165EID:14165, Map:0, LastModified:2005年5月18日(水) 12:47:05, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[長尾 文明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Izumi Yoshihiro (日) 泉 善弘 (読) いずみ よしひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Sano Kiyoshi (日) 佐野 清志 (読) さの きよし
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.宇都宮 英彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.長尾 文明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
役割 (任意): (英)   (日) テーマの設定,実験,考察,論文作成の指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 四国の山岳部における強風特性   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 山岳部における強風特性を把握するために,台風による南寄りの風の作用時における風速の鉛直分布,乱れの特性,地形による増速効果等について,四国の代表的な4地点における実機観測記録を用いて調査検討したものである.稜線上においては,大規模な地形と局所的な地形の影響を共に受け,鉛直収縮による気流の増速効果のみならず水平面内の収縮効果も気流の増速現象に関連していることも明らかとなった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本風工学会 [継承]
誌名 (必須): 日本風工学会誌 ([日本風工学会])
(resolved by 0912-1935)
ISSN: 0912-1935 (pISSN: 0912-1935, eISSN: 1883-8413)
Title: 日本風工学会誌
Supplier: 一般社団法人 日本風工学会
Publisher: Japan Association for Wind Engineering
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
(resolved by 1883-8413)
ISSN: 0912-1935 (pISSN: 0912-1935, eISSN: 1883-8413)
Title: 日本風工学会誌
Supplier: 一般社団法人 日本風工学会
Publisher: Japan Association for Wind Engineering
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)

ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須): 76 [継承]
(必須): 15 28 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1998年 10月 1日 (平成 10年 10月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 泉 善弘, 佐野 清志, 宇都宮 英彦, 長尾 文明 : 四国の山岳部における強風特性, 日本風工学会誌, (巻), No.76, 15-28, 1998年.
欧文冊子 ● Yoshihiro Izumi, Kiyoshi Sano, Hidehiko Utsunomiya and Fumiaki Nagao : 四国の山岳部における強風特性, Wind Engineers, JAWE, (巻), No.76, 15-28, 1998.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.60, Max(EID) = 375659, Max(EOID) = 1006572.