『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14157)

EID=14157EID:14157, Map:0, LastModified:2005年7月4日(月) 15:19:36, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[長尾 文明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.宇都宮 英彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.長尾 文明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
役割 (任意): (英)   (日) テーマの設定,解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Urakami Ikuo (日) 浦上 郁雄 (読) うらかみ いくお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Regression analysis of local wind properties with local topographic factors  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 四国の29地点のAMeDAS観測所の風向風速記録を用い,方位別地形因子と8mmビデオカメラによる映像から抽出した新たなミクロ地形因子を用いた地形因子解析によって局所地形特性と風況特性の対応関係を調査したものである.その結果,任意地点における風向別風速は,かなり高い精度で推定され,本研究で提案したミクロ地形因子の風況特性に及ぼす重要性が確認された.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Elsevier Science [継承]
誌名 (必須): Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics (Elsevier B.V.)
(resolved by 0167-6105)
ISSN: 0167-6105 (pISSN: 0167-6105)
Title: Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics
Publisher: Elsevier BV
 (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 74 [継承]
(必須):
(必須): 175 187 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1998年 6月 1日 (平成 10年 6月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hidehiko Utsunomiya, Fumiaki Nagao and Ikuo Urakami : Regression analysis of local wind properties with local topographic factors, Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, Vol.74, (号), 175-187, 1998.
欧文冊子 ● Hidehiko Utsunomiya, Fumiaki Nagao and Ikuo Urakami : Regression analysis of local wind properties with local topographic factors, Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, Vol.74, (号), 175-187, 1998.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.32, Max(EID) = 375726, Max(EOID) = 1006734.