『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=137946)

EID=137946EID:137946, Map:0, LastModified:2006年3月16日(木) 17:14:26, Operator:[南川 慶二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 平賀 範之 (読) ひらが のりゆき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 原田 俊彦 (読) はらだ としひこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.森 健
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.田中 正己 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) オリゴ(p-フェニレンビニレン)の末端あるいは側鎖にポリエチレンオキシドを修飾した両親媒性コポリマーの修飾位置の違いが集合構造へ与える影響   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 高分子学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 第20回中国四国地区高分子若手研究会 (読) ちゅうごくしこくしぶこうぶんしわかてけんきゅうかい
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 広島 (Hiroshima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 11月 10日 (平成 17年 11月 10日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 平賀 範之, 原田 俊彦, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : オリゴ(p-フェニレンビニレン)の末端あるいは側鎖にポリエチレンオキシドを修飾した両親媒性コポリマーの修飾位置の違いが集合構造へ与える影響, 第20回中国四国地区高分子若手研究会, (巻), (号), (頁), 2005年11月.
欧文冊子 ● 平賀 範之, 原田 俊彦, Takeshi Mori, Keiji Minagawa and Masami Tanaka : オリゴ(p-フェニレンビニレン)の末端あるいは側鎖にポリエチレンオキシドを修飾した両親媒性コポリマーの修飾位置の違いが集合構造へ与える影響, 第20回中国四国地区高分子若手研究会, (巻), (号), (頁), Nov. 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.51, Max(EID) = 359726, Max(EOID) = 963341.