『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=137524)

EID=137524EID:137524, Map:0, LastModified:2018年6月25日(月) 15:43:08, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械システム講座 [継承]
著者 (必須): 1.石原 国彦
役割 (任意): (英)   (日) 計画,実験,論文作成   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 橘 俊英 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 環境騒音予測法の精度向上に関する研究   [継承]
副題 (任意): (英)   (日) その1,反射の取り扱い   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 本論文は各種公害のなかでも日常生活に関係の 深い問題でかつ苦情件数の最も多い工場騒音を取り上げ,そ の予測法の向上について述べたものである.一般的に騒音 予測では騒音パワーレベルと設置位置および種々の障害物 (建物など)の形状を与えて,工場敷地内の騒音分布をシミュ レーションできるプログラムを開発し使用している.しかし ながら,音の障壁による反射効果については,無視するかあ るいは地面に垂直な面での反射しか考慮しておらず,屋根な どのような空間的に任意に置かれた面による反射は扱えな い.そこで,ここでは,任意の障壁の反射も扱えるようなプ プログラムを作成したので発表する.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) (日) 日本機械学会中·四国支部 (読) にほんきかいがっかい ちゅうごくしこくしぶ [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 中国四国支部第44期総会·講演会講演論文集 (読) ちゅうごくしこくしぶ そうかいこうえんかいこうえんろんぶんしゅう
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 055 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 249 250 [継承]
都市 (必須): 広島 (Hiroshima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2006年 3月 8日 (平成 18年 3月 8日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 石原 国彦, 橘 俊英 : 環境騒音予測法の精度向上に関する研究, --- その1,反射の取り扱い ---, 中国四国支部第44期総会·講演会講演論文集, Vol.055, No.1, 249-250, 2006年3月.
欧文冊子 ● Kunihiko Ishihara and 橘 俊英 : 環境騒音予測法の精度向上に関する研究, 中国四国支部第44期総会·講演会講演論文集, Vol.055, No.1, 249-250, March 2006.

関連情報

Number of session users = 5, LA = 0.88, Max(EID) = 372588, Max(EOID) = 996832.