『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=137099)

EID=137099EID:137099, Map:0, LastModified:2010年7月8日(木) 19:56:27, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田村 隆雄], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Takahashi Junya (日) 高橋 純也 (読) たかはし じゅんや
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.田村 隆雄 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.端野 道夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) スギ林が降雨水質と流域物質収支に及ぼす影響に関する基礎的検討   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 徳島県白川谷森林試験流域において樹冠·樹幹部の溶質の洗脱量と溶脱量が流域の物質収支に与える影響について検討したものである.大気汚染物質由来の硫化物イオンは洗脱量の影響が大きいが,同じ由来の硝酸態窒素については洗脱量の影響はほとんどなかった.またカリウムイオンは,樹体から溶脱する量のほぼ全量が土壌中で再び植生に吸収されることが確認できた.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 樹冠·樹幹 (読) [継承]
2. (英) (日) 洗脱 (読) [継承]
3. (英) (日) 溶脱 (読) [継承]
4. (英) (日) 降雨水質 (読) [継承]
5. (英) (日) 流域物質収支 (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木学会年次学術講演会講演概要集 ([社団法人 土木學會])
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 125 125 [継承]
都市 (必須): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 9月 初日 (平成 17年 9月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) CD-ROM掲載 Ⅶ-125   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 高橋 純也, 田村 隆雄, 端野 道夫 : スギ林が降雨水質と流域物質収支に及ぼす影響に関する基礎的検討, 土木学会年次学術講演会講演概要集, (巻), (号), 125, 2005年9月.
欧文冊子 ● Junya Takahashi, Takao TAMURA and Michio Hashino : スギ林が降雨水質と流域物質収支に及ぼす影響に関する基礎的検討, 土木学会年次学術講演会講演概要集, (巻), (号), 125, Sep. 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.73, Max(EID) = 382774, Max(EOID) = 1022371.