『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=137069)

EID=137069EID:137069, Map:0, LastModified:2020年11月9日(月) 21:53:42, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田村 隆雄], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科 [継承]
著者 (必須): 1.田村 隆雄 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.端野 道夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Tachibana Daiki (日) 橘 大樹 (読) たちばな だいき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) PARAMETER IDENTIFICATION OF RUNOFF MODEL USING RAINFALL AND WATER-LEVEL DATA  (日) 一般中小河川にも適用可能な雨量·水位データを用いた流出解析モデルパラメータの同定手法   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This paper proposes a parameter identification method of runoff model and an estimation method of discharge in small rivers of which water-levels are observed. The calculation procedures are as follows. First, the runoff calculation is carried out with the distributed runoff model proposed by authors using the rainfall data observed in and around the basin. Then, the water-level hydrograph is estimated at the water-level observation site, by applying the H-Q parameter model to calculated discharge. Finally, the optimum solutions of parameters included for the two models are searched in order to reproduce observed water-level hydrograph. The proposed method was applied to some floods observed at two small rivers. As the result, water-level hydrographs, peak discharges, and H-Q curves were well able to estimated by the method.  (日) 水位-流量曲線(H-Q曲線)のない中小河川に流出モデルを適用する場合のモデルパラメータ同定法法とH-Q曲線の作成方法について提案し,現地データに適用して方法論などを検討したものである. 徳島県園瀬川と香川県馬宿川で平成16年に観測された複数の水文資料に適用して,水位観測所で観測された水位ハイドログラフの再現と流量推定を行った. その結果,台風時のピーク流量,溢水時の流量などモデル解析を行って初めて得られる貴重な流量情報を得ることができた.また同定されたパラメータを用いて2つの河川の水位観測所設置断面におけるH-Q曲線を作成することができた.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) rainfall and water-level data (日) 雨量·水位データ (読) うりょう すいいでーた [継承]
2. (英) H-Q curve (日) 水位-流量曲線 (読) すいい りゅうりょう きょくせん [継承]
3. (英) runoff model (日) 流出モデル (読) りゅうしゅつもでる [継承]
4. (英) parameter identification (日) パラメータ同定 (読) ぱらめーたどうてい [継承]
5. (英) small river (日) 中小河川 (読) ちゅうしょうかせん [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 水工学論文集 ([社団法人 土木學會.水理委員会])
(pISSN: 0916-7374, eISSN: 1884-9172)

ISSN (任意): 1884-9172
ISSN: 0916-7374 (pISSN: 0916-7374, eISSN: 1884-9172)
Title: 水工学論文集
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 50 [継承]
(必須):
(必須): 355 360 [継承]
都市 (任意): 京都 (Kyoto/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2006年 2月 初日 (平成 18年 2月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.2208/prohe.50.355    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 田村 隆雄, 端野 道夫, 橘 大樹 : 一般中小河川にも適用可能な雨量·水位データを用いた流出解析モデルパラメータの同定手法, 水工学論文集, Vol.50, (号), 355-360, 2006年.
欧文冊子 ● Takao TAMURA, Michio Hashino and Daiki Tachibana : PARAMETER IDENTIFICATION OF RUNOFF MODEL USING RAINFALL AND WATER-LEVEL DATA, Annual Journal of Hydraulic Engineering. JSCE, Vol.50, (号), 355-360, 2006.

関連情報

Number of session users = 5, LA = 0.21, Max(EID) = 382747, Max(EOID) = 1022227.