『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=136909)

EID=136909EID:136909, Map:0, LastModified:2015年3月25日(水) 11:24:28, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[副研究部長]/[徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) (日) 北村 聖子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.横田 一郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.樋田 一徳
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.石村 和敬
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 小谷 裕美子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) (日) 松田 純子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) (日) 内藤 悦雄 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) (日) 伊藤 道徳 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.黒田 𣳾弘
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 周産期におけるラットGhrelin血中濃度および遺伝子発現の検討   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): ホルモンと臨床 ([医学の世界社])
(pISSN: 0045-7167)

ISSN (任意): 0045-7167
ISSN: 0045-7167 (pISSN: 0045-7167)
Title: Horumon to rinsho. Clinical endocrinology
Title(ISO): Horumon To Rinsho
 (NLM Catalog  (医中誌Web (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 50 [継承]
(必須): 12 [継承]
(必須): 75(1197) 78(1200) [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2002年 12月 1日 (平成 14年 12月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/10010567801/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 10010567801 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 特集:小児内分泌の進歩2002   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 北村 聖子, 横田 一郎, 樋田 一徳, 石村 和敬, 小谷 裕美子, 松田 純子, 内藤 悦雄, 伊藤 道徳, 黒田 𣳾弘 : 周産期におけるラットGhrelin血中濃度および遺伝子発現の検討, ホルモンと臨床, Vol.50, No.12, 75(1197)-78(1200), 2002年.
欧文冊子 ● 北村 聖子, Ichiro Yokota, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura, 小谷 裕美子, 松田 純子, 内藤 悦雄, 伊藤 道徳 and Yasuhiro Kuroda : 周産期におけるラットGhrelin血中濃度および遺伝子発現の検討, ホルモンと臨床, Vol.50, No.12, 75(1197)-78(1200), 2002.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.39, Max(EID) = 372583, Max(EOID) = 996813.