『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=136547)

EID=136547EID:136547, Map:0, LastModified:2006年3月4日(土) 17:27:23, Operator:[渡辺 公次郎], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[渡辺 公次郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
学科・専攻 (必須): 1.徳島大学.工学部.建設工学科 [継承]
学位 (必須): 学士
学位名称 (必須):
[継承]
言語 (推奨):
氏名 (必須):
題名 (必須): (英)   (日) 小説に描かれた眉山の景観イメージに関する研究   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文では,人々が共通して持つ眉山の景観イメージを,小説を素材に分析を行って把握し,そこから景観整備に役立つ知見を得た.また,得られた景観イメージと実際の景観とを比較·検討し,問題点や改善策を見いだすことも目的としている.まず,対象とする作品を選定し作品を読んで,基本的データと,眉山の景観が描かれている文章·単語を抽出したデータシートを作成し,作品ごとでの景観イメージの傾向や特徴の把握を行った.次に,抽出した単語データ全体を集計·分類して,小説に描かれる眉山の景観イメージを明らかにした.また,さらに具体的なイメージ把握を行うために,小説内の視点場を推測して,眉山からの距離ごとに単語の集計·分類を行い,距離ごとでの景観イメージも把握した.また,小説内の景観から得た景観イメージと実際の景観を比較するために,視点場を地図に落とし,位置図を作成し,それを基に重要な視点場を設定した.そして,そこからの景観を写真に撮って景観イメージと比較し,相違点や現地の周辺状況から問題点を明らかにし,改善策を検討した.以上の分析により,人々が持つ眉山の景観イメージを小説から把握することができ,さらに現実の景観との比較を行うことによって問題点や改善策を導き出すことができた.これにより,景観整備の方向性に関する示唆を得ることができた.   [継承]
キーワード (推奨):
年月日 (必須): 西暦 2006年 3月 初日 (平成 18年 3月 初日) [継承]
指導教員 (必須): 1.近藤 光男 [継承]
指導協力教員 (任意): 1.渡辺 公次郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座]) [継承]
審査教員 (必須): 1.近藤 光男 [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● [学士] : (氏名) : 小説に描かれた眉山の景観イメージに関する研究, 2006年3月, 近藤 光男 (渡辺 公次郎), [近藤 光男].
欧文冊子 ● [学士] : (氏名) : 小説に描かれた眉山の景観イメージに関する研究, 2006年3月, 近藤 光男 (渡辺 公次郎), [近藤 光男].

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.35, Max(EID) = 375715, Max(EOID) = 1006719.