『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=136068)

EID=136068EID:136068, Map:0, LastModified:2006年2月28日(火) 16:52:31, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[河野 文昭], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総説·解説 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.河野 文昭 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.総合診療歯科学]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.総合歯科診療部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Matsumoto Naoyuki (日) 松本 直之 (読) まつもと なおゆき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Reproducibility of Self-curing Resin for Denture Base  (日) 常温重合床用レジンの再現性   [継承]
副題 (任意): (英)   (日) 第2部 義歯製作工程における創意と工夫 3.掘り出しと研磨   [継承]
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): クインテッセンス出版 株式会社 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 加熱重合床用レジンと義歯製作—精度向上への創意と工夫 (読) かねつじゅうごうゆかようれじんとぎしせいさく せいどこうじょうへのそういとくふう
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 151 157 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1991年 12月 初日 (平成 3年 12月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 安田 登·木村 博·野首 孝祠·小柳津 純男·斎木 好太郎·曽根田 兼司【編】   [継承]
2.(英)   (日) 第1部 総説(義歯床用加熱重合アクリリック·レジンの理工学的性質;レジン床義歯の適合精度とは何か;現存する問題点と展望)   [継承]
3.(英)   (日) 第2部 義歯製作工程における創意と工夫(埋没前操作;蝋義歯埋没;レジン重合;掘出しと研磨;メインテナンス)   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 河野 文昭, 松本 直之 : 常温重合床用レジンの再現性, --- 第2部 義歯製作工程における創意と工夫 3.掘り出しと研磨 ---, 加熱重合床用レジンと義歯製作—精度向上への創意と工夫, (巻), (号), 151-157, 1991年12月.
欧文冊子 ● Fumiaki Kawano and Naoyuki Matsumoto : Reproducibility of Self-curing Resin for Denture Base, 加熱重合床用レジンと義歯製作—精度向上への創意と工夫, (巻), (号), 151-157, Dec. 1991.

関連情報

Number of session users = 6, LA = 0.80, Max(EID) = 373409, Max(EOID) = 999244.