『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=13604)

EID=13604EID:13604, Map:0, LastModified:2005年3月15日(火) 16:29:24, Operator:[富永 喜久雄], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[川上 烈生], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.電気電子工学科.物性デバイス講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Ogawa Makoto (日) 小川 誠 (読) おがわ まこと
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Mori Ichiro (日) 森 一郎 (読) もり いちろう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.川上 烈生 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.富永 喜久雄
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Nonlinear Dispersion Relation for Beam-Excited Plasma  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ビームプラズマ放電における崩落ソリトンの発生について実験的に研究史,それに対する非線形理論と分散関係について調べた.ガウス型グリーン関数を用いて非線形分散関係を得ることに成功した.さらに,この非線形分散関係を数値的に解くことを試みた.結果として,ωーk面に2つの曲線が得られ,これらが電子ビームの分散である.これらの曲線は線形の分散から導かれる解に非常によく似ている.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Journal of Plasma and Fusion Research SERIES (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 2 [継承]
(必須):
(必須): 371 375 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1999年 12月 1日 (平成 11年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Makoto Ogawa, Ichiro Mori, Retsuo Kawakami and Kikuo Tominaga : Nonlinear Dispersion Relation for Beam-Excited Plasma, Journal of Plasma and Fusion Research SERIES, Vol.2, (号), 371-375, 1999.
欧文冊子 ● Makoto Ogawa, Ichiro Mori, Retsuo Kawakami and Kikuo Tominaga : Nonlinear Dispersion Relation for Beam-Excited Plasma, Journal of Plasma and Fusion Research SERIES, Vol.2, (号), 371-375, 1999.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.80, Max(EID) = 360825, Max(EOID) = 966461.